菊池と力を合わせて闘うのはこれが最後に!日本女子チームパシュートが『VS嵐』に登場! | RBB TODAY

菊池と力を合わせて闘うのはこれが最後に!日本女子チームパシュートが『VS嵐』に登場!

エンタメ その他

菊池と力を合わせて闘うのはこれが最後に!日本女子チームパシュートが『VS嵐』に登場!
  • 菊池と力を合わせて闘うのはこれが最後に!日本女子チームパシュートが『VS嵐』に登場!
  • 菊池と力を合わせて闘うのはこれが最後に!日本女子チームパシュートが『VS嵐』に登場!
 フジテレビ系バラエティ『VS嵐』(毎週木曜よる7時)の5月10日放送回に、ゲストとして平昌五輪で日本人初の金メダルを獲得した日本女子チームパシュート代表の4人が出演することが決まった。

 毎回、嵐と豪華ゲストがさまざまなスタジオアトラクションで同番組。同日放送回に登場するのは、平昌五輪スピードスケート女子チームパシュートにおいて、日本人選手として初めて金メダルを獲得した菊池彩花、高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃の4人と長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダリストの清水宏保、アンタッチャブルの柴田英嗣による「チームパシュート」。対する嵐チームのプラスワンゲストには滝沢カレンと横澤夏子の2人が参戦する。

 菊池は今年4月8日に現役引退を表明しており、この4人が「日本女子チームパシュート」として、力を合わせて闘うのは、事実上、この『VS嵐』の対決が最後だと冒頭で明かされ、菊池は「気合を入れて頑張りたいと思います!」と意気込む。なお、今回の出演は菊池ら4人から、『VS嵐』に出たいという申し出があり実現したそう。嵐チームは「最後がこの番組で本当に良いんですか?!」と驚くも、松本潤は「これが最後だと言ってくださっているので、良い試合になるように頑張りたい」と「チームパシュート」との対決に気持ちを込める。

 巨大な壁を制限時間内に登る「クリフクライム」では、菊池ら4人全員が挑戦したいという希望から、新たなコースを加えて4人で挑む特別ルールに。その他、さまざまなアトラクションで対決が繰り広げられる中、嵐ですらもなしえなかった快挙を「チームパシュート」が達成し、スタジオは大興奮。二宮和也も「本当にすごい!」と喝采を送る、その瞬間に注目だ。

 対決後には佐藤が「オリンピックに出たメンバーで、ずっと見ていた『VS嵐』に出られたことがうれしかったです」と感想が述べると、その後、菊池が涙を見せることに・・・果たして何が起きたのか!?日本女子チームパシュート代表の4人が出演する『VS嵐』は、来週10日よる7時からフジテレビ系列にて放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top