市川猿之助、4月スタートのドラマ『ブラックペアン』で復帰後初のドラマ出演 | RBB TODAY

市川猿之助、4月スタートのドラマ『ブラックペアン』で復帰後初のドラマ出演

エンタメ 映画・ドラマ

(c)TBS
  • (c)TBS
 4月スタートのドラマ『ブラックペアン』(TBS系列)に歌舞伎役者の市川猿之助の出演が決定した。

 すでに、主演の二宮和也をはじめ、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、小泉孝太郎、内野聖陽といった出演者が決定して話題を呼んでいる。原作は、海堂尊の小説「ブラックペアン1988」で、シリーズ累計150万部を誇る人気作。ストーリーは、舞台となる東城大学医学部付属病院に、手術用最新医療機器・スナイプが突如導入されることになるところから始まる。この最新機器を巡る疑惑をきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうとする“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎(二宮和也)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく姿が描かれる。病院・研究室、製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題や様々な不正、“ブラックペアン”と呼ばれる特製の真っ黒いペアン(止血用鉗子)に隠された過去が暴かれる、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。

 猿之助が演じるのは、東京の中央にそびえる国立の雄、帝華大学・外科教授の西崎啓介。心臓外科の分野で組織的な研究力を誇る帝華大学は、全国的には無名だが、個人の高い技術力を誇る東城大学と日々しのぎを削っている。「組織力の帝華大学」と「個人の技術力の東城大学」の対立に加え、西崎は個人的にも、数カ月後に控えた日本心臓外科学会の理事長選の席を東城大学の教授・佐伯清剛(内野聖陽)と争い、互いに意識しあっている。最高難度を誇る外科手術“佐伯式”により佐伯教授が一歩リードしている状況だが、そんな現状を打破するため、西崎はスナイプを携えた高階権太(小泉孝太郎)を東城大学に派遣することに・・・。果たして西崎の野望は叶うのか? そして高階の加入により、東城大学医学部付属病院の行方は?昨年行われた『スーパー歌舞伎II ワンピース』の上演中に骨折する重傷を負った猿之助は、今作が復帰後初のドラマ出演となる。

 猿之助は、「素晴らしい作品に、素敵な共演者、スタッフの皆様と共に参加させていただけますこと、とてもうれしく思っております」と喜びをコメントしているほか、「個人的に最近優秀なお医者様と接することが多かったので、役作りの中で存分に活かせたらと思います」と自身の怪我になぞらえたコメントも残している。ドラマ『ブラックペアン』(TBS系列)は4月よりスタート。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top