°C-ute岡井千聖、自身のドッキリがカットされたことに対して怒り | RBB TODAY

°C-ute岡井千聖、自身のドッキリがカットされたことに対して怒り

エンタメ その他

°C-ute岡井千聖、自身のドッキリがカットされたことに対して怒り
  • °C-ute岡井千聖、自身のドッキリがカットされたことに対して怒り
 3月2日放送の『必殺!バカリズム地獄』(AbemaTV)で、°C-uteの岡井千聖が怒りを露わにする一幕があった。

 同番組は、“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

 この日、ゲストに登場した岡井は、「今思えば、これマジムカつくって話なんですけど」と切り出し、「(番組で)部屋で風船を爆発させたら起きるか?みたいなドッキリをやられて、私は起きたんですよ。ドッキリだから、知らずにその日は部屋でカップラーメンを食べたり、変なTシャツを着ていたら、スタッフさんが『本当にいい撮れ高だった!』って言ってくれて、私もいいバラエティのスタートが切れたと思っていて、番宣も流れていたのに、突然マネージャーさんに『放送自体が無くなった』って言われた」と突然の放送カットがあった過去について告白。

 岡井はその理由について、「私の後に、『同じドッキリをかけた一般人の方が面白かったから』って、私の放送が全部無くなったんです!これはマジムカつきました」と打ち明けると、バカリズムは「タレントさんにオファーしてやっているから、普通は放送するでしょ?何か映ってはいけないものが、映っちゃったんじゃないの?」と返し、岡井は「映っちゃいけないものは持ち込んでいない。Tシャツも、A型の説明書のやつを着ていました」と、当時を思い返して再び怒っていた。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top