マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売 | RBB TODAY

マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売

IT・デジタル ハードウェア

マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
  • マイクロソフト、高性能デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日に日本で発売
 Microsoft(マイクロソフト)は現地時間23日に同社公式ブログを更新し、「Surface Studio」を日本で6月15日に発売すると発表した。

 「Surface Studio」は、昨年10月に発表された高性能デスクトップPC。iMacのライバル製品としてリリースされた同製品の特徴は、その基本性能の高さと、独自性の高いユーザーインターフェースの採用だ。

 スペック面では1,350万画素の超高解像度・タッチ対応の28インチPixelSenceディスプレイ(4,500×3,000)を採用し、プロセッサは第6世代Intel Core Processor i5/i7の両モデルをラインナップ。NVIDIA GeForce GPUは最大4GB、RAMも最大32GBまで増設可能で、ストレージは512GBまたは1TB(2TBのハイブリッドストレージモデルもあり)。ヒンジが独自構造(ゼログラビティ)を採用していることから、巨大なタブレットとしても利用となっている。

 ペン型デバイス「Surface Pen」はもちろんのこと、「Surface Dial」と呼ばれる新たな端末にも対応。これはダイヤル式のアイテムで、ディスプレイなどに装着した状態から、色調を変更したり画面上の表示を反転したり、また音量調節やスクロールも自在に操作することが可能だ。

 日本での発売日についてはその発表当時から注目されていたが、このほどついに6月15日発売が決定。クリエイターを中心に人気を集めそうだ。
《Tsujimura》
page top