フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ | RBB TODAY

フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ

フィリピンでの滞在で、ガジェット好きが最も楽しみにしていることの1つに、廉価な端末の視察があるだろう。今回、筆者はマカティエリアにある、日本食街Little Tokyo(リトルトーキョー)からほど近くの、「Makhati Square(マカティスクエア)」に赴いてみた。

IT・デジタル スマートフォン
フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
  • フィリピンの電脳ビル「マカティスクエア」でスマホのエントリーモデル探しを楽しむ
 フィリピンでの滞在で、ガジェット好きが最も楽しみにしていることの1つに、廉価な端末の視察があるだろう。今回、筆者はマカティエリアにある、日本食街Little Tokyo(リトルトーキョー)からほど近くの、「Makhati Square(マカティスクエア)」に赴いてみた。

■店内は秋葉やでんでんタウンの雰囲気



 マカティスクエアに一歩足を踏み入れると、そこはもう電脳ビルそのもの。中には一部アパレルショップ(古着屋)やおもちゃ屋も見られるが、9割以上が電気屋である。





 特に多いのは、スマートフォンの販売店舗。日本未入荷の商品も多数展開されている。例えば、Samsung(サムスン)のGalaxy Jシリーズ。エントリーモデルとしての位置づけで、日本での取り扱いもゼロではないが、キャリアでは販売されていない。特に2016年に発売された「Galaxy J1 mini」はどの店舗にいっても、一様に人気商品として販売されている。

 実勢価格は3,000ペソほど。日本人だということは店の方にすぐにバレてしまうので、値段はふっかけられることも多いが、粘り強く交渉すれば、約8,000円ほどで、サムスンの比較的新しいスマートフォンが、新品で購入できてしまう計算だ。カメラ画素数(500万画素)や、搭載されているCPU(1.2 GHz クアッドコア)などは、メイン端末として使用するにはやや不安感があるものの、もちろんSIMフリーなので、海外等で使用するサブ機としては十分使える。

 他に、Oppo(オッポー)やLenovo(レノボ)など中華系のメーカーも数多く展開されているほか、iPhone 5sの中古品が販売されている店舗も多く見られた。こちらでは現在、最も人気のある商品の1つとなっているようだ。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top