生田斗真、本田翼らプライベートジェットでマカオ……映画『土竜の唄』VIP待遇 | RBB TODAY

生田斗真、本田翼らプライベートジェットでマカオ……映画『土竜の唄』VIP待遇

エンタメ 映画・ドラマ

(c)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (c)高橋のぼる・小学館
  • (c)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (c)高橋のぼる・小学館
  • (c)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (c)高橋のぼる・小学館
  • (c)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (c)高橋のぼる・小学館
  • (c)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (c)高橋のぼる・小学館
 23日公開予定の映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が「第1回マカオ国際映画祭」に特別招待枠で招待。同映画の舞台となった香港の目と鼻の先の街・マカオに主演の生田斗真、本田翼、三池崇史監督、原作者・高橋のぼる氏がプライベートジェットでかけつけた。このジェットはマカオ訪問のために用意されたものでVIP待遇。

 現地ではコタイ地区のリゾートホテル・ベネチアンホテルのイーストロビーにてレッドカーペットが開催。このレッドカーペットは『土竜の唄 香港狂騒曲』のためだけに用意されたもの。観覧エリアは、あっという間に500名を超える人で満員となった。

 生田斗真は「お客さんと映画を観るのは毎回楽しいのですが、今回マカオの皆さんはいろんなところで笑いが起きたり、拍手が起きたり、歓声が沸いたりで反応が僕たちと違ってとても楽しかったです」「下ネタは万国共通なのだと実感しました(笑)今回マカオの皆様にご覧いただき、楽しんで頂きましたので早く日本の皆さんに観て頂きたいと思いました。土竜バッチこ~い!公開まで日本の皆さん、待っててください」とコメント。本田翼は「国・文化も違っての上映だったので、マカオの皆様の反応がどんなものかとドキドキしていました。でも皆さんすごく笑ってくれて、日本語もわかる方が多かったんですよね。これって日本人独特の笑いじゃないの?ってところも大笑いしてくれました。楽しんでいただけて良かったです」と話し、英語でも挨拶をした生田について「生田さんは本当に何でも出来てすごいです。三池監督と一緒に嫉妬しておきます(笑)」と話した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top