人手不足問題を解消!警備業界向け出退管理&業務効率化システム | RBB TODAY

人手不足問題を解消!警備業界向け出退管理&業務効率化システム

IT・デジタル ソフトウェア・サービス

警備員の手配や出退勤時の電話対応などの管制業務を効率化。シフト連絡はメールで一斉に配信し、出退勤報告もメールで行うことができる(画像はプレスリリースより)
  • 警備員の手配や出退勤時の電話対応などの管制業務を効率化。シフト連絡はメールで一斉に配信し、出退勤報告もメールで行うことができる(画像はプレスリリースより)
  • 管制官はPCの画面を見ているだけで出退勤状況を確認でき、シフト表や勤務実績表などの帳票出力も可能。クラウドなので初期導入費用は不要(画像は公式Webサイトより)
 オーク情報システムは18日、警備業向けのクラウド型管制システム「日報365 for 警備」の販売を開始した。警備員の手配や出退勤(上下番)管理、勤務実績管理などを効率化するためのシステムとなる。

 警備業では通常、警備員の手配や出勤・退勤(上番・下番)状況の管理はホワイトボードと電話連絡により実施。しかし、ホワイトボードの情報をデータベースに入力し直たり、朝夕のピーク時には電話対応に追われて、人員を複数名配置する必要もあり、業務の効率化を望む声があったという。

 「日報365 for 警備」はPC上で「警備員」のアイコンをドラッグ&ドロップするだけで警備員を手配することが可能。重複手配などは色分け表示されるので、手配ミスも軽減することが可能だ。

 手配完了後に明日の予定を警備員にメールで一斉配信。警備員は前日に配信される手配メールのリンクをクリックするだけで上番・下番の報告を行うことができ、管制官はPC画面上でリアルタイムの上下番状況を確認することができる。

 手配状況や上下番報告はデータベースに登録され、シフト表や手配表、勤務実績表等各種帳票出力が可能。クラウドサービスなのでサーバやシステム開発などの初期導入費用も不要だ。

 月額利用料は40,000円~(税別)。オプションでシステムのカスタマイズにも対応している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top