衝撃の実話を描いた映画「白鯨との闘い」予告編公開 | RBB TODAY

衝撃の実話を描いた映画「白鯨との闘い」予告編公開

エンタメ 映画・ドラマ

映画「白鯨との闘い」(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 映画「白鯨との闘い」(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.
 人間と鯨の壮絶な戦いを描いた映画「白鯨との闘い」の予告編が公開された。

 実話をもとにしたこの映画は、“捕鯨”が一大産業だった19世紀が舞台。エセックス号の乗組員たちは、太平洋のど真ん中で体長30メートルの巨大な鯨と遭遇し、船を沈められてしまう。わずかな物資で漂流生活を送ることになった彼らが、生き延びるために下した究極の決断とは…歴史の裏に隠されてきた衝撃の事実を描きだす作品となっている。

 予告編は、男たちが鯨を求めて勢い良く船を進めるシーンから始まる。しかし、巨大な鯨に体当たりされ、船が転覆したところから状況は一転。鯨が何度も現れては彼らを追い詰めるシーンが流れ、最後には「人間が、試される」という意味深いメッセージが現れる。

 監督を務めたロン・ハワードは「これはもちろん真実のストーリーだ。同時に、カッコ良くて、現代的で、巨大なスクリーンで観る価値のある物語でもある。こんなすごい話は滅多に出会えないよ」とコメント。

 主演を務めたクリス・ヘムズワースは「この映画には、分かりやすい悪役、英雄がいるわけじゃない。生きるために当時の産業に従事していた男たちの話だ」と前置き、「ただ、自然の圧倒的なパワーの前に人間は無力で、彼らはその恐怖を味わうことになる。そして、身分も立場も関係なく、極限の状況に置かれた時の人間のあり方が描かれているんだ」と作品で描かれる深いヒューマンドラマに自信をのぞかせた。

 映画「白鯨との闘い」は2016年1月16日に全国ロードショー。

《木村》

関連ニュース

特集

page top