三浦春馬、釜山映画祭5千人が熱烈歓迎…「イケメンと言えば三浦春馬」! | RBB TODAY

三浦春馬、釜山映画祭5千人が熱烈歓迎…「イケメンと言えば三浦春馬」!

エンタメ 映画・ドラマ

トークイベントに登壇した、三浦春馬/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
  • トークイベントに登壇した、三浦春馬/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
  • 三浦春馬&リウ・シーシー(中国女優)&チャン・シャオチュアン(台湾男優)、行定勲(監督)/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
  • 三浦春馬&リウ・シーシー(中国女優)&チャン・シャオチュアン(台湾男優)、行定勲(監督)/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
  • 三浦春馬&リウ・シーシー(中国女優)&チャン・シャオチュアン(台湾男優)、行定勲(監督)/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
  • 三浦春馬&リウ・シーシー(中国女優)&チャン・シャオチュアン(台湾男優)、行定勲(監督)/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
  • 三浦春馬&リウ・シーシー(中国女優)&チャン・シャオチュアン(台湾男優)、行定勲(監督)/『真夜中の五分前』 in 第19回釜山国際映画祭
三浦春馬が、釜山映画祭で熱狂的歓迎の洗礼を受けた。10月3日(現地時間)、韓国・釜山市で開催中の第19回釜山国際映画祭のオープンシネマ部門で、行定勲監督の『真夜中の五分前』が上映され、三浦春馬、中国の女優リウ・シーシー、台湾の男優チャン・シャオチュアン(ジョセフ・チャン)、行定勲監督が舞台挨拶を行った。

この日、会場となった5,000人収容の野外劇場は満席。司会者が「日本ではカッコいい男性をイケメンといいます。そして、イケメンと言えば三浦春馬さんです」と三浦さんを紹介すると、若い女性ファンが大絶叫! 横断幕を持ったファンもおり、その人気の高さをうかがわせた。

あまりの熱気に三浦さんはタジタジになりながらも、「釜山国際映画祭に招待されて、とても光栄に思っております。釜山は、とてもエネルギッシュで、元気をもらえる地です。この映画にはとても多くの時間を費やして、一所懸命役になれるよう注いだつもりです。改めて自分の相手に対する愛の形を、一緒に考えて頂けたら嬉しいです」と挨拶。

本作は釜山映画祭の企画マーケットAPMを通じてアジア共同プロジェクトとして誕生した作品であり、行定監督は「ようやくここに戻ってこられました。この映画は上海で撮影されたものですが、日本を、国境を越えた撮影になりました。これは、人と人の愛の不確かさを描いた作品です。みなさんが見つめる愛がどういうものか考えるきっかけになれば嬉しいです」と語った。

映画は上海を舞台に、日本人の時計技師・亮(三浦春馬)が、美しい双子の姉妹(リウ・シーシー/二役)と、2人に愛されてしまった男(チャン・シャオチュアン)と知り合うことから始まる、ミステリアスなラブストーリー。三浦さんは全編中国語で演技をしている。

翌4日には、海雲台ビーチでオープントークを開催。こちらにも、大勢のファンが詰めかけた。トークでは、三浦さんが3か月間レッスンに励んだという中国語の演技をリウ・シーシーさんもチャン・シャオチュアンさんも絶賛。

三浦さんは「中国語は僕もちゃんと話せるわけではなく、ジェスチャーを交えながら、単語、単語をつなぎ合わせてなんとか話しているだけ。笑いは所々にあったので、和やかな現場になったと思っています」と話した。『真夜中の五分前』は日本に先行して、10月23日(現地時間)に中国全土約4,000館での公開が決まっている。

第19回釜山国際映画祭は10月11日(現地時間)まで開催。

【釜山国際映画祭】三浦春馬、5千人の熱烈歓迎にタジタジ…「イケメンと言えば三浦春馬」

《photo / text:Ayako Ishizu》
page top