【フォトレポート】米エミー賞、『ブレイキング・バッド』が6部門制覇 | RBB TODAY

【フォトレポート】米エミー賞、『ブレイキング・バッド』が6部門制覇

エンタメ フォトレポート

ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
  • ブレイキング・バッドが最多受賞(c)Getty Images
 26日、米ロサンゼルスで、テレビ界のアカデミー賞といわれるエミー賞の第66回授賞式が開催された。

 ドラマ・シリーズ部門は、『ブレイキング・バッド』が、作品賞・脚本賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・編集賞と全6部門を制覇した。『ブレイキング・バッド』は事前の予想でも、今回の受賞が有力とされていた。『ブレイキング・バッド』のプロデューサー、ヴィンス・ギリガンは、受賞時のスピーチで、「私たちのドラマが、このような『お別れ会』で送られたことを感謝します」と語り、受賞を喜んだ。

 連続ドラマ部門では、「トゥルー・ディテクティブ」で、日系米国人のキャリー・フクナガ氏が、監督賞を受賞した。テレビムービー作品での主演男優賞は、『シャーロック』のシャーロック役、ベネディクト・カンバーバッチが、同じく助演男優賞はワトソン役、マーティン・フリーマンがそれぞれ受賞。イギリス発のドラマも健闘を見せていた。
《》

関連ニュース

特集

page top