神戸市が外国人観光客向け公衆無線LANサービス開始……Wi2 | RBB TODAY

神戸市が外国人観光客向け公衆無線LANサービス開始……Wi2

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は31日より、神戸市において、外国人観光客向け公衆無線LANサービス「KOBE Free Wi-Fi」の提供を開始する。

ブロードバンド 回線・サービス
KOBE Free Wi-Fi カード・英語版(表紙)
  • KOBE Free Wi-Fi カード・英語版(表紙)
  • KOBE Free Wi-Fi カード・英語版(裏表紙)
  • KOBE Free Wi-Fi カード・英語版(中面)
 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は31日より、神戸市において、外国人観光客向け公衆無線LANサービス「KOBE Free Wi-Fi」の提供を開始する。

 本サービスでは、神戸市を訪れた外国人観光客に、Wi2が提供する公衆無線LANサービス 「Wi2 300」の全エリアを1週間利用できるID/パスワードを記載した、「KOBE Free Wi-Fi」カード(=ゲストカード)を配布する。神戸市内の3000アクセスポイント、KDDIグループが設置した全国約20万以上のアクセスポイントでWi-Fiを利用できる。

 ゲストカードは、神戸市内の観光案内所などで、パスポートなど外国人であることを確認できる身分証を掲示して申込む。事前の登録は必要ない。

 また、多くの外国人観光客が利用することによって、神戸市内外における利用動向の分析も可能になり、分析結果も併せて提供する。Wi2のWi-Fiネットワークが保持する位置情報や利用者の接続時間などを、個人が特定されない統計情報として加工してレポートする予定だ。街頭調査やウェブ調査などで得られなかった、外国人観光客の動線や滞在時間の把握など、新たな観光周遊行動の調査データとして提供、神戸市の新たな観光振興に向けた取り組みを支援する。

 ゲストカードの配布は、神戸市総合インフォメーションセンター(ポートライナー三宮駅)、新神戸駅観光案内所(JR新神戸駅構内)、北野観光案内所(北野風見鶏の館前)。順次拡大予定。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top