【新連載・快適ペットライフ Vol.1】今、人気の犬種とその理由 | RBB TODAY

【新連載・快適ペットライフ Vol.1】今、人気の犬種とその理由

エンタメ その他

筆者・稲垣亜衣。
  • 筆者・稲垣亜衣。
  • 人気のトイプードル
 犬の種類は、公認・非公認を含め700~800種類いると言われていますが、この中で日本での人気上位に入っている犬種はいったい何なのか、その理由も考えていきたいと思います。

 人が犬を飼育し始めて約1万2千年。もともとは、仕事のパートナーとして猟犬、番犬、などとして暮らしてきました。しかし、最近では犬との暮らしは「仕事のパートナー」から、「家族の一員として暮らす」へと変わってきています。その為、飼われる犬種にも変化が現れるようになったり、TV・雑誌等の影響で、流行と呼ばれる人気犬種が出てくるようになりました。近年、ペット可のマンションが増え、室内での飼育が容易な小型犬が根強い人気を保っています。その中で人気上位に位置している犬種を見ていきます(順位は、アニコムの人気犬種ランキング2014を参考)。

第1位「プードル」

昔から知られている犬種ですが、クマをイメージしたテディベアカットが人気となり一気に人気犬種上位にランクイン。毛色も白が主流だったのがレッド、アプリコットなども登場しています。毛が抜けにくく体臭が少ないなど、室内での飼育が主流となっている現在の環境にとても合っている事もあり人気を保っています。活発で賢く甘え上手な性格で、幅広い年齢層の方に人気がありますが、見た目の可愛さでついつい可愛がり過ぎてしまうとワガママになり、家族内で主導権を握られてしまうこともしばしばあります。

第2位「チワワ」

CMで一気にブレイクしたチワワ。いまでも根強い人気なのは、標準で2キロ前後と体の小ささから室内で飼いやすく、運動も室内で補えるところも大きいと思われます。また、毛色のバリエーションが多く、中には、世界で1つしかない模様が出ることも魅力の1つです。性格は体に似合わず強気で頑固。また、臆病な一面がある為、小さい頃から色々な人とのふれあい、音や物などの社会化経験をしておかないと、家族以外や物音に対しての警戒吠えをするようになる可能性が高くなります。

第3位「ミニチュア・ダックスフンド」

胴が長く足が短い。見た目の可愛さがとても人気の犬種!!毛質は、スムース、ロング、ワイヤーと種類が多く、毛色の数も多いことも人気の一つ。また、明るく活発な性格の為、見ていて飽きず笑顔を与えてくれる犬種です。数年前から常に上位にランクインしています。しかし、もともと猟犬だったため、予想以上の運動量が必要となり、運動不足からストレスが溜まると問題行動に発展するケースも多々あります。狩りでは、獲物の巣穴に入り吠えて穴から追い出す仕事をしていた為、吠えやすく無駄吠えで悩まれる飼い主も多くいます。小さい頃からの基本的なしつけがとても大切です。

そして、
最近人気が急上昇しているのが、「ミックス犬」。
昔の雑種とは違い、あえて純血種同士を掛け合わせています。純血種と違って、生まれてみないとどんな子になるのかが分かりませんが、それぞれの良さを合わせ持ったり、世界で1頭だけという特別感が人気の理由にもなっています。ただ、思った以上に体が大きくなったり、毛質・毛色が変わったり、どのように成長するのかが不明の為、理想と変わってしまう場合もあります。たくさんのミックス犬の中でよく見かける組み合わせとしては、大型犬では「ゴールデンレトリバー+スタンダードプードル=ゴールデンドゥードゥル」社交的な性格と、毛が抜けにくいことが人気の理由となっています。小型犬では「ダックス+チワワ=チワックス」、「チワワ+トイプードル=チワプー」、「ポメラニアン+トイプードル=ポメプー」など、人気犬種どうしのミックスが人気のようです。ただ、必ずしも両親の良い部分を持って生まれてくるわけではないため、犬種の特徴、性格、先天的疾患、なども含めて十分に検討して迎える必要があります。

その他10位までに、柴犬、ヨーキー、ポメラニアンなど、小型犬がランクインしているように、現在の飼育環境では、小型犬が人気の上位を占めているようです。しかし、最近になって小型犬可の集合住宅が増えているように、今後、大型犬の飼育ができる集合住宅が増えていけば、人気犬種にも変動があるのではないかと考えます。どんな犬種であれ、人と暮らす上での基本的なルールは共通しています。新しく家族を迎える方が愛犬と幸せに暮らしていけるように、犬種の特性やしつけの必要性、飼育環境を踏まえて新たな家族を迎えていただけたらと思います。


●筆者プロフィール
稲垣亜衣

■1999年、犬のテーマパーク「わんわん動物園」に入社しステージチームとして、「ドッグレース」、「アジリティドッグ」、「ディスクドッグ」などのパフォーマンス犬の育成やステージパフォーマンスを担当。2001年オープンの「わんにゃんワールド多摩」では、ステージチーム長、園長を務める。2004年には、テレビチャンピオン「第2回ダメ犬しつけ王選手権」に出場し優勝!!2009年からはペット業界大手「ペットプラス」「イオンペット」にて、飼い主様向けのしつけ教室を担当。しつけ部門のマネジャーを兼任しながら、4年間に渡り、1000件以上のトレーニングを行う。2013年独立、「HAPPINESSDOG」を立ち上げる。愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士。
《稲垣亜衣》

関連ニュース

特集

page top