指原莉乃、2連覇かかるAKB総選挙に緊張……「考えれば考えるほど心臓がドキドキ」 | RBB TODAY

指原莉乃、2連覇かかるAKB総選挙に緊張……「考えれば考えるほど心臓がドキドキ」

 アイドルグループ・HKT48の指原莉乃が、6月7日に開票が行われる「AKB48選抜総選挙」への立候補に向け、緊張と不安を自身のTwitterにつづっている。

エンタメ ブログ
 アイドルグループ・HKT48の指原莉乃が、6月7日に開票が行われる「AKB48選抜総選挙」への立候補に向け、緊張と不安を自身のTwitterにつづっている。

 今年も開催されるAKB48選抜総選挙。37枚目となるシングルのセンターの座を目指し、すでにAKB渡辺麻友や、SKE/AKB兼任の松井珠理奈や、SKE/乃木坂46兼任の松井玲奈、NMB山本彩といったメンバーが続々と立候補している。

 今大会の見どころとなるのは、やはり前回1位に輝き、2連覇のかかるHKT指原。そんな指原ももちろん立候補する予定だが、さすがの指原でも大きなプレッシャーを感じているようで、「考えれば考えるほど心臓がドキドキ。手に汗を書きながら総選挙の用紙を書いています」と、その緊張ぶりを明かしている。

 前回2位の大島優子が抜け、さらに昨年採用された卒業生の出馬が今回は見送られたが、それでも指原の2連覇を阻む障害はまだまだ多く、渡辺麻友や柏木由紀、W松井など強敵揃い。さらに今回はAKBを兼任することになった公式ライバルグループ・乃木坂46の生駒里奈にも参加資格が与えられている。生駒は今のところ立候補を保留しているが、もし出馬したら、指原やAKBメンバーにとって強敵となるだろう。

 “絶対的エース”と呼ばれる存在がいなくなり、誰が1位になっても不思議ではない今大会。緊張と不安を隠せない指原だが、すでに気合は高まっており、「怖いけど逃げない」と意気込みをつづっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top