ボリオリ、メンズ新デザイナーに元ラルフローレンのヴォッスージ【14-15ミラノメンズ】 | RBB TODAY

ボリオリ、メンズ新デザイナーに元ラルフローレンのヴォッスージ【14-15ミラノメンズ】

エンタメ フォトレポート

ボリオリ、メンズ新デザイナーに元ラルフローレンのヴォッスージ【14-15ミラノメンズ】
  • ボリオリ、メンズ新デザイナーに元ラルフローレンのヴォッスージ【14-15ミラノメンズ】
  • 50年代、60年代のクラシックな素材をモダンにスタイリングした「ミラネーゼブルジョワジー」ライン
  • 50年代、60年代のクラシックな素材をモダンにスタイリングした「ミラネーゼブルジョワジー」ライン
  • 60年代のナバホ族からインスピレーションされたミラノ・ブレラエリアのカルチャーが好んだ「ボヘミアン」
  • ボリオリの新たなメンズデザイナーとして起用されたジェイ・ヴォッスージ
  • ミラノメンズファッションウィークで発表されたボリオリの14/15AWコレクション
  • ミラノメンズファッションウィークで発表されたボリオリの14/15AWコレクション
  • ミラノメンズファッションウィークで発表されたボリオリの14/15AWコレクション
イタリアンクラシコとして創業120年の歴史を持つ「ボリオリ(BOGLIOLI)」が新たにメンズデザイナーとして、元ラルフ ローレンのデザインディレクター、ジェイ・ヴォッスージ(Jay Vosoghi)を迎え、ミラノメンズファッションウィークでプレゼンテーションした。

お披露目となった14-15AWコレクションは三つのテーマから構成。50年代、60年代のクラシックな素材をモダンにスタイリングした「ミラネーゼブルジョワジー」、60年代のナバホ族からインスピレーションされたミラノ・ブレラエリアのカルチャーが好んだ「ボヘミアン」、ディープなインディゴブルーを使用した「インディゴシー」と、全体をミラノで新たなクリエーションとビジネスが芽吹いた60年代のメンズエレガンスを表現している。

ボリオリを代表する裏地のない切りっぱなしのパシュミナ・ジャケットや、すべてのアイテムが軽さと柔らかさを重視。ネイティブ柄のジャカードや様々なチェック、新たなカラーリングと、ダブルブレストと大きなラペルが印象的だ。
《編集部》

関連ニュース

page top