プシュ! カランカラン! LIQUID BEAT……EXILE『Zero Limit』第二章始まる | RBB TODAY

プシュ! カランカラン! LIQUID BEAT……EXILE『Zero Limit』第二章始まる

エンタメ その他

NAOTO・TETSUYA・USA・NAOKI
  • NAOTO・TETSUYA・USA・NAOKI
  • 「コカ・コーラ ゼロ」ブランドの紹介
  • 2014年のテーマは“Crave(渇望)”
  • USA・TETSUYA・NAOTO・NAOKI
  • 新テレビCM「Craving Dance」篇
  • NAOTOとNAOKI
  • USAは途中で声が裏返るハプニングも
  • HIROからのビデオメッセージ
 EXILEのUSA、NAOTO、TETSUYA、NAOKIは15日、東京のSHIBUYA-AXで開催された「コカ・コーラゼロ」× EXILE “Zero Limit”キャンペーン第二章 オープニングイベントに参加した。

 コカ・コーラ ゼロと「EXILE」のコラボレーションキャンペーン『Zero Limit』は2013年2月にスタート。2年目となる今年は“Crave(渇望)”をテーマに、コカ・コーラ ゼロが奏でる「LIQUID BEAT」をキーコンテンツとしている。「LIQUID BEAT」とは、コカ・コーラ ゼロのボトルや缶を空けたときの“プシュッ”という音、グラスや氷の“カランカラン”という音など、コカ・コーラ ゼロのシズル音で奏でられるビートである。

 1月22日から放映を開始するテレビCM「Craving Dance」篇(15秒/30秒)では、今回のイベントに参加した4人と、昨年パフォーマーを勇退したHIROの5人が出演。LIQUID BEATに合わせて5人がダンスパフォーマンスを披露する。会場でいち早く放映され、USAはCMで踊ってみた感想について、「『コカコーラ・ゼロ』という飲み物を、立体的に、五感を研ぎ澄まして感じることができたと思う。炭酸が上がってくる感じや、ビートが弾ける感じが、踊りとリンクしていて、新しいパフォーマンスに仕上がった」とコメント。

 続いてコカ・コーラ ゼロが全面サポートする「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」の詳細が発表された。同オーディションはEXILEとして初となるパフォーマー募集オーディションで、4月27日に日本武道館で開催される。オーディションの開催にあたり、会場ではHIROからのビデオメッセージが公開された。HIROはメッセージの中で、EXILEにとって日本武道館は「思い出深い神聖な場所」とコメントし、EXILE第四章開幕にあたっては「輝き続けるEXILEを目指し、ファンの皆さんの人生のパートナーとなれるように、常に刺激的に進化を繰り返していきたい」と語っていた。オーディションの応募締切が1月22日まで延長されることも発表された。

 また、4月27日に日本武道館で行われる、“新生EXILE 誕生の瞬間”に立ち会える『「コカ・コーラ ゼロ」限定 スペシャルライブイベント』プレゼントキャンペーンも発表された。「コカ・コーラ ゼロ」「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ フリー」のペットボトルについているバーコードを、それぞれの枚数分集めて送ると、抽選で日本武道館のチケットやサテライト会場でのライブ・ビューイングのチケットが当たるキャンペーンである。

 そして、イベントの最後には、観客とEXILEの4人によるLIQUID BEATの実演が行われ、イベントに集まった観客たちは、グラス、マドラー、氷、ペットボトルを使って、テレビCMのようにシズル感あふれるLIQUID BEATを奏でた。TETSUYAは会場のLIQUID BEAT実演について、「今のLIQUID BEATと、ここにいる全員の気持ちが一体となって、情熱を開放できたと思う」と感想を述べた。
《浦和武蔵》

関連ニュース

page top