『X-MEN』最新作、来年5月日本公開決定 | RBB TODAY

『X-MEN』最新作、来年5月日本公開決定

エンタメ 映画・ドラマ

日本初解禁された『X-MEN:フューチャー&パスト』シーン写真 (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • 日本初解禁された『X-MEN:フューチャー&パスト』シーン写真 (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • 7月サンディエゴ・コミコンに登壇したヒュー・ジャックマン (c)Getty Images
  • ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイ(サンディエゴ・コミコン) (c)Getty Images
  • イアン・マッケラン、ハル・ベリー、アンナ・パキン(サンディエゴ・コミコン) (c)Getty Images
 来年公開が予定されている『X-MEN』シリーズ最新作、『X-Men:Days of Future Past』の邦題が『X-MEN:フューチャー&パスト』に決定、あわせて公開が2014年5月に決まったことが明らかにされた。

 『X-MEN』は、これまで『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ウルヴァリン:SAMURAI』の2作を含め、『X-メン』『X-MEN2』『X-MEN:ファイナル ディシジョン』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の6作品が公開。全米の興行収入は合計で10億ドルを上回り、全世界では23億ドルに達しようという人気シリーズ。

 最新作では、豪華キャストが再集結。ヒュー・ジャックマンをはじめ、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、アンナ・パキン、ショーン・アシュモア、エレン・ペイジ、ダニエル・クドモアが出演。さらにジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、そして新たにエヴァン・ピータース、ファン・ビンビンらも加わる。

 2013年7月サンディエゴ・コミコンではキャスト一堂が5000人の観客の前に登場し、話題を呼んだ。シリーズの1&2作目を担当したブライアン・シンガーが監督として返り咲きしたことも注目を集めている。脚本には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の監督であるマシュー・ヴォーンも参加。

 『X-MEN:フューチャー&パスト』は2014年5月、全国ロードショー。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top