大規模震災を想定、公衆無線LANの無料開放実証実験がスタート | RBB TODAY

大規模震災を想定、公衆無線LANの無料開放実証実験がスタート

 無線LANビジネス推進連絡会は5日、岩手県釜石市において、公衆無線LANの無料開放の実証実験を行うことを発表した。9月1日より実験を開始する。

ブロードバンド その他
「災害用統一SSID」の利用イメージ
  • 「災害用統一SSID」の利用イメージ
 無線LANビジネス推進連絡会は5日、岩手県釜石市において、公衆無線LANの無料開放の実証実験を行うことを発表した。9月1日より実験を開始する。

 具体的には、釜石市「シープラザ釜石」を利用するユーザーが、各事業者のアクセスポイント共通で利用可能な「災害用統一SSID」を利用可能となる試行サービスとなる。通常時は、ある会社が提供しているアクセスポイントは、契約済みの機器以外は接続できないが、「災害用統一SSID」を利用することで、未契約の他社スマートフォンなどからもアクセス可能になるという。

 「無線LANビジネス推進連絡会」は、2012年3月~7月に行われた総務省主催の研究会「無線LANビジネス研究会」での提言を受けて、無線LANを巡る諸問題に無線LANに関係する企業等が自主的に取り組む場として発足した団体。正会員として、通信事業者など39企業・団体が参加している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top