凸版印刷、針の穴も通りそうな「世界で一番小さい本」でギネス更新……ミュージアムで購入可能 | RBB TODAY

凸版印刷、針の穴も通りそうな「世界で一番小さい本」でギネス更新……ミュージアムで購入可能

ブロードバンド その他

マイクロブック『四季の草花』と縫針の比較写真 (C) 2013 Printing Museum,Tokyo, TOPPAN PRINTING CO., LTD.
  • マイクロブック『四季の草花』と縫針の比較写真 (C) 2013 Printing Museum,Tokyo, TOPPAN PRINTING CO., LTD.
  • 印刷博物館のようす
 凸版印刷は13日、証券印刷やエレクトロニクス製品の製造で培った超微細印刷の技術を応用し、これまでの世界記録0.9ミリ角を大幅に更新する、世界最小サイズの本の製作に成功したことを発表した。

 マイクロブック『四季の草花』は、0.75ミリ角のサイズに、文字や日本の四季の草花12点のイラストがはっきりと印刷され、ルーペを使ってみることができる書籍だ。有価証券に使用される超微細な製版印刷技術とエレクトロニクス分野の技術を組み合わせ実現したという。ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットの4種類の文字が用いられており、全22ページのうち、4ページには、絵柄のなかに線幅0.01ミリの極小文字も隠し文字として印刷されている。

 凸版印刷は、1964年から極小の「マイクロブック」の製作を開始。1981年に世界最小の本として1.4ミリ角のマイクロブック『主の祈り』を製作、2000年にはより小さい0.95ミリ角のマイクロブック『十二支』の製作に成功し、ギネスブックに掲載された。その後、2013年現在のギネスブックには、ロシアで製作された0.9ミリ角の『カメレオン』が世界最小サイズとして掲載されている。

 マイクロブック『四季の草花』は、ギネス・ワールド・レコード社に世界記録として申請される予定だ。また凸版印刷の運営する「印刷博物館」(東京都文京区 トッパン小石川ビル)で展示するとともに、ミュージアムグッズとして販売もされるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top