監視デバイスを統合、トラフィックを可視化できる米Gigamon社製品を発売 マクニカ | RBB TODAY

監視デバイスを統合、トラフィックを可視化できる米Gigamon社製品を発売 マクニカ

ブロードバンド セキュリティ

マクニカソリューションズ株式会社は2月27日、世界中の企業、データセンター、サービスプロバイダにトラフィック・ビジビリティ・ファブリックを提供する米Gigamon社の製品を販売開始すると発表した。販売を開始する製品は「GigaVUE Hシリーズ」「GigaVUE Gシリーズ」「G-TAP」。本製品は、ネットワークに分散された監視デバイスを統合し、ネットワークを流れるトラフィックを広範に可視化できるアーキテクチャを提供するもの。

大容量プラットフォームがネットワーク上にある複数の監視ポイントからトラフィックを集約することにより、あらゆる監視デバイスにトラフィックを転送し、ネットワーク全体のトラフィックを監視することが可能となっている。また、ネットワーク上に分散された監視デバイスを統合することにより、多数あったデバイスを必要最低限に減らすことができ、導入コストや管理コストも最小限に抑えられる。さらに、フローマッピングやパケット最適化によって監視デバイスの性能を最大限に引き出せるという。

監視デバイスを統合、トラフィックを可視化できる米Gigamon社製品を発売(マクニカソリューションズ)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top