セコム非常呼集サービス 販売を開始 | RBB TODAY

セコム非常呼集サービス 販売を開始

ブロードバンド セキュリティ

緊急事態や重大事故が発生した際に、適材適所の要員の配置を可能に
  • 緊急事態や重大事故が発生した際に、適材適所の要員の配置を可能に
  • A支店から半径5km圏内にいる社員をリストアップした例
セコム株式会社は2月9日、同社の情報系グループ会社であるセコムトラストシステムズ株式会社が、緊急事態発生時に最適な人員配置で初動対応をトータルに支援する「セコム非常呼集サービス」の販売を開始すると発表した。本サービスの提供は、企業の継続的な事業・サービス提供を脅かすリスクが多様化し、危機意識が高まっていることを踏まえたもの。また、「セコム安否確認サービス」の一部のユーザから、「社員の安否確認がとれた後の初動対応に必要」と要望があったという。

「セコム非常呼集サービス」は、緊急事態の内容に応じて必要な社員をリストアップすることが可能。リストアップされた社員の中から状況に応じて最適な社員を選び、複数の現場への対応指示をしたり、社員の追加呼集や現場の社員への追加指示を出すこともできる。セコムが自社運営する「セキュアデータセンター」を情報基盤とするクラウド型サービスのため、インターネットに接続できる環境があれば場所を問わず、すぐにどこからでも利用することが可能。利用料金は、初期加入料金が315,000円から、月額基本料金が84,000円から。月額従量料金は、1利用者あたり20円、1事業所あたり30円。

緊急事態発生時の最適な人員配置での初動対応をトータルに支援(セコム)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top