「緊急」5件を含む12件……2月セキュリティ情報事前 日本マイクロソフト | RBB TODAY

「緊急」5件を含む12件……2月セキュリティ情報事前 日本マイクロソフト

エンタープライズ セキュリティ

日本マイクロソフト株式会社は2月8日、2013年2月のセキュリティ情報の事前通知を発表した。発表によると、セキュリティ情報の公開は2月13日で、12件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のものが5件、「重要」のものが7件となっている。影響を受けるソフトウェアは、「緊急」ではMicrosoft Windows、Internet Explorer、Microsoft サーバソフトウェアとなっている。

「重要」では、Microsoft Windows、Microsoft Office、Microsoft サーバソフトウェア、Microsoft .NET Frameworkが影響を受けるとしている。脆弱性の影響は、「緊急」のすべてがリモートコード実行、「重要」はリモートコード実行、サービス拒否、権限の昇格となっている。なお、これらの適用時には、再起動が必要となる場合があるとしている。

セキュリティ情報の事前通知、2月は「緊急」5件を含む12件を予定(日本マイクロソフト)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top