データ侵害で最もよく盗まれる項目 | RBB TODAY

データ侵害で最もよく盗まれる項目

ブロードバンド セキュリティ

標準的なデータ侵害で開示されたデータの種類の割合
  • 標準的なデータ侵害で開示されたデータの種類の割合
株式会社シマンテックは12月17日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年11月度(日本語版)」を発表した。11月度では、2012年における重大なセキュリティ問題のひとつとなっている「データ侵害」について調査している。同レポートではデータ侵害について8月度のでも取り上げているが、データ侵害で盗まれる個人情報の数の中央値は当時の6,800件から8,404件まで上昇している。さらに本調査では、データ侵害によって盗まれた上位10種類の情報を分析し、それぞれどのように対処できるかを解説している。

データ侵害で最もよく盗まれる項目は個人の実名であった。個人の実名が取得されている割合は55%で、これはオンラインIDとして最も一般的に使用されているユーザ名とパスワードさえも上回った。ユーザ名とパスワードはすべてのデータ侵害における割合が40%以内であった、今年発生しているデータ侵害の80%以上は医療や教育などの分野に関連していた。社会保障番号などの政府発行のID番号は、多くのデータ侵害において依然として盗まれている。ただし、銀行取引の詳細、クレジットカードの詳細、給与情報などの財務情報は、すべてのデータ侵害の13%のみにとどまっている。

データ侵害で最もよく盗まれる項目は「個人の実名」--11月度レポート(シマンテック)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top