クラウドや仮想環境向けSSLサーバ証明書 | RBB TODAY

クラウドや仮想環境向けSSLサーバ証明書

ブロードバンド セキュリティ

株式会社日立ソリューションズは12月4日、米Go Daddy社が提供する「スターフィールドSSLサーバ証明書」の販売を12月11日から開始すると発表した。本サービスは、仮想化時や負荷分散構成時の同時稼働サーバへのライセンスを無償化するマルチサーバ対応や、1台のサーバ上での複数のサイトを1枚の証明書でカバーできるマルチドメイン対応などにより、SSLサーバ証明書に関するコスト削減と運用負荷軽減を実現するもの。

証明書は、FQDN単位の「シングルドメインライセンスPLUS」、任意のサブドメインを無制限に利用できる「ワイルドカード ライセンスPLUS」、任意のFQDNを5ドメイン毎に課金、100ドメインまで対応可能な「マルチドメインライセンスPLUS」の3種類で、それぞれドメイン認証の「スタンダードSSL」、組織認証の「デラックスSSL」が用意される。1年の証明書価格は、シングルドメインライセンスPLUSが10,500円(スタンダード)、26,250円(デラックス)、ワイルドカードライセンスPLUSが57,750円、73,500円(同)、マルチドメインライセンスPLUSが42,000円から、57,750円から(同)。

クラウド、仮想環境向けSSLサーバ証明書を発売(日立ソリューションズ)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top