【レビュー】旅の思い出を1枚に……写真と一緒にドライブルートを記録するアプリ | RBB TODAY

【レビュー】旅の思い出を1枚に……写真と一緒にドライブルートを記録するアプリ

 ドライブルートと連動したスクラップブックが作れ、さらにFacebook等で共有することもできるアプリ「Drive Scrapbook」を試してみた。ドライブ中に出会った景色。途中で立ち寄ったところでの思い出。そんな記録が、ひと目でわかる形で残せたら便利だと思いませんか?

ブロードバンド その他
今回作成したスクラップブック。
  • 今回作成したスクラップブック。
  • アプリの起動画面。まずはここからスタートする。
  • 舞浜駅から見えるシーのほう。今から自宅に帰宅します!
  • 途中、東京駅で乗り換え。
  • 日暮里駅に到着。
  • 舞浜駅AM7:30。ハロウィン期間最後の日曜日だけあって、早朝なのにこんなに混んでました!
  • 朝5:30に起きたので、日暮里周辺ではこんなにキレイな朝日を見ることができました。あーねむい。
  • Facebookにあがったらこんな感じです。
 最近、コンデジを使う機会が減ってきた。もちろんそれはスマホのカメラ機能で必要十分だから。いまやスマホが果たす、携帯するコンデジとしての役割は大きい。

 SNS等でシェアする機会も多く、とりあえずなにかあれば記録にとスマホで写真を撮ることはすごく増えた。そうなると、人に見せたり、残しておくための写真も、デジカメではなくスマホでほぼ事足りてしまうことになる。便利な世の中になったものだ。

 しかもスマホなら、アプリが充実。カメラアプリなんていいものがたくさんあって、思い通りの写真がいくらでも撮れる。そんなところに、新たなアプリが登場した。それが今回試してみた富士重工業の「Drive Scrapbook」。これは、カメラアプリではなく、アルバムアプリで、その名の通り簡単にスクラップブックを作ることができる。さらに、GPSで位置情報を取得し、マップ上にドライブルートを記録してくれる。そのドライブルートと連動したスクラップブックが作れ、さらにFacebook等で共有することもできるスグレモノなのだ。例えば、ドライブ中に出会った景色。途中で立ち寄ったところでの思い出。そんな記録が、ひと目でわかる形で残せたら便利だと思いませんか?

 ドライブルートといっても、車だけでなく電車移動でも問題なく記録してくれるとのこと。ちょうど週末、浦安にある某テーマパーク(シーの方)に行ってきたので、その帰り道にちょっと試してみた。まずアプリを起動するとGPS情報を取得開始。そこから、移動したコースがドライブルートとして記録される。もちろん今回のスタートは舞浜駅。そこから、東京駅経由で日暮里まで帰る間を記録してみる。その結果できたスクラップブックが、この記事1枚目の画像だ。

 ドライブ(移動)を終了すると、スクラップブックのテンプレートを決めたあと、そのドライブ中に撮った写真の中から5枚の写真を選択。すると、ルートと5枚の写真が載った1枚のスクラップブックとなる。出来上がったスクラップブックは、FacebookやTwitterで共有することも可能だ。また、写真はドライブ中以外に撮ったものからも選べるので、いい写真を選びたいときはちょっとした演出を加えることも可能。例えば今回作ったもので言えば、朝日の写真はもちろん帰り道ではなく、当日の朝の写真。出発が朝早すぎて朝日がキレイだったので、この日の思い出として入れてみた。また、舞浜駅の写真も実は往路でのもの。帰りはもう暗かったので…。

 ちょっとしたお出かけで、写真だけを共有するのは普通すぎる。あるいは、ルートの記録がマップだけでは味気ない。そんな、どちらの要望にも応えるアプリと言えるだろう。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top