CGCと楽天Edy、電子マネーの拡充で合意……全国の中堅・中小規模のスーパーに楽天Edyを普及 | RBB TODAY

CGCと楽天Edy、電子マネーの拡充で合意……全国の中堅・中小規模のスーパーに楽天Edyを普及

 シジシージャパン(CGC)と楽天Edyは17日、CGCグループに加盟する中堅・中小規模スーパーマーケットへ電子マネー「楽天Edy」の対応を推進することで合意した。

エンタープライズ 企業
「CGC」サイトトップページ
  • 「CGC」サイトトップページ
  • 「楽天Edy」サイトトップページ
 シジシージャパン(CGC)と楽天Edyは17日、CGCグループに加盟する中堅・中小規模スーパーマーケットへ電子マネー「楽天Edy」の対応を推進することで合意した。

 CGCグループは、全国各地の中堅・中小スーパーマーケットで構成された小売業組織。「Olympic」「コモディイイダ」「しまむら」「成城石井」「ナフコ」など、228社3,738店舗が現在属しており、商品の開発や調達、物流、情報システム、販売促進、教育などに、CGCグループを通して各スーパーマーケットが取り組んでいる。

 CGCグループでは、「楽天Edy」を導入し、支払い手段の多様化に対応するとともにレジでの清算のスピードアップと違算の削減に努めるとしている。通常電子マネーを導入する場合は初期費用が一社ごとにかかるが、CGCグループ経由で楽天Edyを導入することで、契約が簡略化され初期コストも軽減できるのがメリットとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top