シャープ、東京スカイツリータウン「隅田川デジタル絵巻」にデジタルサイネージ納入 | RBB TODAY

シャープ、東京スカイツリータウン「隅田川デジタル絵巻」にデジタルサイネージ納入

エンタープライズ ハードウェア

東京スカイツリー団体フロア(1階)「隅田川デジタル絵巻」
  • 東京スカイツリー団体フロア(1階)「隅田川デジタル絵巻」
  • 東京スカイツリーチケットカウンター(4階)
  • 東京スカイツリー(5月22日、開業初日)
  • 東京スカイツリー(5月22日、開業初日)
  • 東京スカイツリータウン(5月22日、開業初日)
  • 東京スカイツリータウン(5月22日、開業初日)
 シャープは22日、60V型液晶ディスプレイを用いたマルチディスプレイシステムなど、計122台のデジタルサイネージを、「東京スカイツリータウン」に納入したことを発表した。

 納入されたのは、60V型液晶ディスプレイ「PN-V601」25台、60V型高輝度液晶ディスプレイ「PN-V602」2台、52V型/47V型/42V型/32V型液晶ディスプレイ「PN-E521/E471/E421/T321」95台などとなっている。

 東京スカイツリー団体フロア(1階)には、江戸・東京の風景や営みを描いた、全長45mの「隅田川デジタル絵巻」が設置されている。60V型液晶ディスプレイ13台が、その中央部に横一列に設置され、隅田川を中心として両岸にひろがる情景をアニメーションで紹介する内容となっている。団体が出発ゲートまで移動する導線に沿う形となっており、アニメーションと壁画を楽しめるという。

 この他にも、東京スカイツリータウン内の「ソラマチ商店街」、エレベータホールなどに、32V型~60V型の液晶ディスプレイが多数設置され、来場客への情報提供などに活用されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top