YouTubeの自動キャプション機能が日本語に対応 | RBB TODAY

YouTubeの自動キャプション機能が日本語に対応

ブロードバンド 回線・サービス

YouTubeの自動キャプション機能が日本語に対応
  • YouTubeの自動キャプション機能が日本語に対応
  • 「CC」ボタンにマウスオーバー時
  • 自動キャプションをオンにする際に表示される注意書き
 グーグル傘下のYouTubeは15日、YouTubeの動画に自動的にキャプションをつける「自動キャプション」機能を日本語に対応させたと発表した。

 同社の耳の不自由なエンジニアが開発に携わっているという同機能は、2009年11月に英語版が公開された。現在4,000万点以上の動画が英語の自動キャプションに対応しているという。

 同機能により、耳が不自由なユーザーが動画コンテンツを楽しめるようになるだけでなく、Google翻訳の技術を活用することで、日本語の字幕を50以上の他言語に翻訳することができるため、日本語コンテンツを世界に発信する事もできるとしている。

 しかし自動キャプション機能は現状ベータ版であるため、ニュースなどの発声がクリアなコンテンツで主に機能する形であるようだ。同社は今後も機能の改善を続けていくとしている。

 キャプションを表示させるには、動画を再生中に画面右下に表示される「CC」ボタンにマウスオーバーし、「音声を文字に変換BETA」を選択する。次に「音声文字変換は、Googleの音声認識テクノロジーを利用して、動画のキャプションを自動的に追加する試験サービスです。」という注意書きに対して、「OK」をクリックする。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top