NTTアイティ、外部から社内PCやサーバの電源をコントロールする「新WOLコントローラ」発表 | RBB TODAY

NTTアイティ、外部から社内PCやサーバの電源をコントロールする「新WOLコントローラ」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

NTTアイティ、社外から社内のPCやサーバの電源をコントロールできる「新WOLコントローラ」発表
  • NTTアイティ、社外から社内のPCやサーバの電源をコントロールできる「新WOLコントローラ」発表
  • 「新WOLコントローラ」の機能
 NTTアイティは19日、社外から社内PCやサーバの電源をオンにできる「WOLコントローラ」に、停電対応のための新機能を追加した「新WOLコントローラ」を発表した。5月11日に発売し、年間200台の販売を目指すという。

 停電開始前の、社外からの社内サーバの停止や、電源復旧後の社外からの社内サーバの稼働、さらにテレワーク時の自席PCの電源オンなどが可能になる。新機能は、(1)電源復旧後に自動的に起動する機能、(2)社外から社内サーバの電源をオンにできる機能、(3)社外から社内サーバにサーバ管理者がログオンし、提供サービスをメンテナンスできる機能、(4)社外から社内サーバにサーバ管理者がログオンし、停止できる機能の4つ。

 停電時の運用手順は、サーバ管理者がマジックコネクトASPサービスを通して、「新WOLコントローラ」に、リモートデスクトップでアクセスし、さらに「新WOLコントローラ」上のリモート操作ソフト(リモートデスクトップ/SSH)を用いて、「新WOLコントローラ」をシャットダウンする。

 電源復旧後は、「新WOLコントローラ」が自動的に起動するため、「新WOLコントローラ」へリモートアクセスし、社内サーバおよび社内サーバが提供しているサービスを起動する。

 新WOLコントローラとマジックコネクトASPサービスのセットで提供される。販売価格は、初期費用(ASPサービス含)がオープン価格、ASPサービス年間使用料が1アカウントあたり18.900円となる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top