日立、三井住友銀行にプライベートクラウド型ストレージサービスを提供 | RBB TODAY

日立、三井住友銀行にプライベートクラウド型ストレージサービスを提供

 日立製作所は24日、三井住友銀行向けにプライベートクラウド型のストレージサービスの提供を行うことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
Hitachi Universal Storage Platform V
  • Hitachi Universal Storage Platform V
  • サービス提供イメージ
 日立製作所は24日、三井住友銀行向けにプライベートクラウド型のストレージサービスの提供を行うことを発表した。三井住友銀行のデータセンター内に拡張容易な日立ストレージ装置を設置した上で、その維持・運用・管理を含めたストレージサービスを従量課金で提供する。

 プライベートクラウドとは、特定企業の内部に構築され、その企業あるいは関連企業グループ内でのみ利用可能とするクラウドサービス。本サービスでは、三井住友銀行の東日本・西日本の2個所のデータセンター内に、日立がハイエンドディスクアレイ「Hitachi Universal Storage Platform V」を用いた共通ストレージ基盤環境を構築。その上で、保守・運用・管理もワンストップで実施する。

 「Hitachi USP V」は完全二重化構造であるため、共通ストレージ基盤環境への新規業務サーバの接続、障害時保守対応、制御ソフトウェア更新による品質向上対策などの各種作業においても無停止環境が実現可能とのこと。ストレージの増強、機器の保守期限切れにともなう機器更改のためのデータ移行作業は、日立が提供するサービスのなかに含まれる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top