日本オラクル、連結経営管理アプリ製品「Oracle Hyperion Financial Close Suite」発表 | RBB TODAY

日本オラクル、連結経営管理アプリ製品「Oracle Hyperion Financial Close Suite」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 日本オラクルは13日、連結経営管理を強化するアプリケーション製品群「Oracle Hyperion Financial Close Suite(オラクル・フィナンシャル・クローズ・スイート)」の提供を開始した。

 「Oracle Hyperion Financial Close Suite」は、オラクルの経営管理基盤の最新版「Oracle Enterprise Performance Management System (Oracle EPM System)」を構成する製品群の1つ。「Oracle Hyperion Financial Close Suite」を活用することで、企業はグローバル各拠点における財務、非財務データの収集、各会計基準に沿った修正と外部開示に至るまでの一連の業務の流れを、データ品質を保持したまま迅速かつ効果的に遂行できる。

 「Oracle Hyperion Financial Close Suite」は、データ連携アプリ「Hyperion Financial Data Quality Management」、連結管理アプリ「Hyperion Financial Management」、各種開示書類作成および履歴管理を実現する「Hyperion Disclosure Management」、スケジュール策定、業務フロー設定やアラート機能などにより、決算の早期化を支援する「Hyperion Financial Close Management」で構成されている。最新版「Oracle Hyperion Financial Close Suite」では、「Hyperion Financial Close Management」、が「Hyperion Disclosure Management」が新アプリケーション製品として追加された。

 「Oracle Hyperion Financial Close Suite」では、日本特有のビジネス事由や制度対応を考慮して、連結処理機能や帳票類を装備した「Japan Starter Kit」を製品標準機能として提供。これにより、日本の会計制度や今後予定される国際会計基準への短期間による対応が可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top