ケイ・オプティコム、遠隔モニタリングサービスを月額525円から提供 | RBB TODAY

ケイ・オプティコム、遠隔モニタリングサービスを月額525円から提供

ブロードバンド 回線・サービス

「関電SOS ホーム・アイ for eo」の主なご利用シーン
  • 「関電SOS ホーム・アイ for eo」の主なご利用シーン
  • 「関電SOS ホーム・アイ for eo」の主な特長
 関電セキュリティ・オブ・ソサイエティとケイ・オプティコムは21日、eo回線契約者を対象とした遠隔モニタリングサービス「関電SOS ホーム・アイ for eo」を発表した。月額525円から提供される。

 同サービスは有線ブロードバンド回線とセンサーカメラを利用し、PCや携帯電話を通して遠隔地の映像を閲覧することができる。また、センサーカメラの撮影状態の切替え、感度変更、レンズのパンチルトの調整、カメラ撮影方向の事前登録などの操作も遠隔で行える。さらにセンサーカメラは「動作検知」と「人感(熱)センサー」のデュアル検知機能を搭載し、センサー検知時には検知前後9秒間の画像が任意のメールアドレス宛てに送信されるほか、検知された画像は保存件数無制限で31日間サーバー上に保存される。

 同社は、遠隔モニタリングサービスの利用用途として、ビジネスシーンと自宅での利用の両方を想定しているとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top