Android端末にリッチなUIをプラス!エイチアイが対応機器向けUIソリューション | RBB TODAY

Android端末にリッチなUIをプラス!エイチアイが対応機器向けUIソリューション

ブロードバンド 回線・サービス

「Smarty3D」で作成したリッチなUI
  • 「Smarty3D」で作成したリッチなUI
  • エイチアイ
  • Android端末の開発に注目度は高い
  • 「MascotCapsule UI Framework」
  • 「Smarty3D」
 「Androidが注目されているが、どのようにUIを開発したらいいか分からないという声を聞く。3DのリッチなUIとなるとなおさらだ」。エイチアイ マーケティング部の石田恵美氏は話す。

 同社が「第13回 組込みシステム開発技術展」のブースでアピールしていたのは「Smarty3D」と「MascotCapsule UI Framework」といった2種類のAndroid対応機器向けUIソリューションだ。「Smarty3D」は同社が開発したUIコンポーネントと3D描画エンジンで構成され、Android上で提供されているUI開発のフレームワークと組み合わせることで3D効果を含むリッチなUI開発を可能にする。「MascotCapsule UI Framework」はGUIの構成から動作確認まで行えるオーサリングツールと、そのツールから作成されるアプリを描画するミドルウェアで構成される。

 ブースで展示されていたのは、ちょうどXperiaの3D表示のようにプロファイルを表示するNexus Oneだった。

 同社の「Smarty3D」ソリューションは韓国のAndroid端末で採用が決定している。石田氏は続ける。「韓国や台湾は、日本よりももっと前からAndroid熱が高く、弊社もそうした国向けにソリューションを提供していた。そのノウハウを日本の企業にも提供していきたい」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top