iPhone 3GSなどに便利なモバイルバッテリー2機種を徹底チェック | RBB TODAY

iPhone 3GSなどに便利なモバイルバッテリー2機種を徹底チェック

IT・デジタル モバイル

「eco charger 1400」
  • 「eco charger 1400」
  • USB端子を備える
  • ACコンセントは180度回転する
  • 本体充電中はACのLEDが赤に点灯
  • USB機器に充電中は青いLEDが点灯
  • 多摩電子工業「TS201/TS-202」
  • ニッケル水素充電池も使用可能
  • ニッケル水素充電池も使用可能
●AC充電器を内蔵したモバイルバッテリー「eco charger 1400」

 リックス「eco charger 1400」は、モバイル型ではまだ希少となるACと接続して本機に内蔵のバッテリーも充電できるモバイルバッテリーだ。

 リックス「eco charger 1400」のサイズはiPhoneの半分以下、重さも80g程度と軽量で、鞄の隅に入れておいても邪魔にならない外観だ。本機の内蔵バッテリーにはリチウムイオンポリマーを採用しており、携帯電話に付属するようなコンパクト型のACアダプターによって内蔵バッテリーを充電する。本機のUSB端子に充電したい機器を接続して電源スイッチを押すと、接続先の機器内にあるバッテリーが充電されるようになる。

 iPhoneを充電するには、iPhoneに付属しているDockケーブルを本機のUSB端子につなげた状態で電源スイッチを押す。すると、LITHIUM BATTERYランプが青く点灯し、充電の開始を知らせてくれる。一例として、本機を購入したままの状態でiPhone 3GSの充電を試みたところ、iPhone 3GSのバッテリー残量が27%から78%になったところでこれ以上充電できなくなった。これにかかった充電時間は、1時間16分ほど。

 「eco charger 1400」をフル充電した状態でiPhone 3GSの充電を試みたところ、以下のようなテスト結果が得られた。

・iPhone 3GSのバッテリー残量:17% → 72% 充電時間:1時間25分程度
・iPhone 3GSのバッテリー残量:13% → 68% 充電時間:1時間23分程度

 ほかのモバイルバッテリーでiPhone 3GSの充電を試みたところ、以下のようなテスト結果が得られた。

・iPhone 3GSのバッテリー残量:19% → 87% 充電時間:1時間22分程度

 また、iPhone 3GSのバッテリー残量が0%の状態でも、問題なく充電できた。

・iPhone 3GSのバッテリー残量:0% → 55% 充電時間:1時間20分程度

 以上の結果から、iPhone 3GSの充電であれば、1時間20分前後で55%程度の充電ができると推察できる。

 本機内蔵バッテリーの充電時間は、説明書によると1時間半程度と記載されているが、実際には3時間程度かかるようだ。内蔵バッテリーの充電が終わるとACのLEDランプが赤から緑に変わるため、この色変化で満充電を知ることができる。また、ACで本機を充電する際にUSB端子へ充電したい機器を接続しておくと、つないだ先の機器を充電してから本機内蔵バッテリーの充電を開始する。本機が完全放電しているときは、外部に接続した機器の充電はできなかった。

 実売で2,000円前後と、リーズナブルな価格。iPhoneや電力消費の多いスマートフォンのために、2,000mAh程度のより大きな容量をもつラインナップにも期待したい。

●単3型電池で供給する外部充電バッテリー「TS201/TS-202」

 多摩電子工業のポータブルUSB電源「TS201/TS-202」は、単3乾電池4本を使用する外部充電用のバッテリーだ。購入時にアルカリ単3乾電池4本が付属しており、容量の合計は1,700mAhとなる。こちらもUSB端子をひとつ備えており、iPhoneだけでなく携帯電話などの充電にも利用できる。

 iPhoneと接続して本機にアルカリ乾電池を用いた充電では、約80%ほどに達したところで充電が止まってしまったが、少し時間をあけて再度接続すると、少しの間だが再び充電できるようになった。eneloopなどのニッケル水素充電池を用いた充電では、充電池の容量を最後まで使い切ることができた。

 実売で1,000円前後と、ほかのモバイルバッテリーよりも安価だ。アルカリ乾電池の代わりにeneloopも使えるため、とても経済的。単3型電池が4本となり、ある程度の大きさと重さがあるが、外部バッテリーを複数持ち歩くことを思えば、さほど気にならないだろう。USB経由でマルチに充電できる外部バッテリーとして重宝しそうだ。(iPod Style 戸津)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top