長野県善光寺、4月5日より7年に一度の「御開帳」 〜 ネットでライブ中継、特設サイト公開も | RBB TODAY

長野県善光寺、4月5日より7年に一度の「御開帳」 〜 ネットでライブ中継、特設サイト公開も

エンタメ その他

「善光寺御開帳」インターネットライブ配信サイト
  • 「善光寺御開帳」インターネットライブ配信サイト
  • 「善光寺御開帳」特設サイト
 「牛にひかれて善光寺参り」で有名な、信州・長野県の善光寺。善光寺本堂に安置される御本尊一光三尊阿弥陀如来は、中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩という、たいへんにありがたいものだ。

 このご本尊は、654年(白雉5年)以来の秘仏とされていて、一般公開されていない。身代わりとして鎌倉時代に「前立本尊」が造られ、拝されるようになった。しかし、この前立本尊もふだんは御宝庫に安置されており、目にすることはできない。7年に一度の「御開帳」のときだけ、特別にお姿を拝むことができるのだ。

 善光寺では、明日2009年4月5日より5月31日までの間「御開帳」を行うが、すでに特設サイトが公開されている。さらにJANIS(長野県協同電算)はこの期間中、2台のライブカメラで御開帳の様子をインターネット配信する。転送速度は1画面あたり384Kbpsで、カメラ1台につき最大で同時300アクセスまで可能とのこと。また、今回初めての試みとしてNTTドコモの携帯電話への動画配信も同時に実施される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top