米インテル、大規模リストラに着手 — アジア地区の施設閉鎖、旧工場の操業停止など発表 | RBB TODAY

米インテル、大規模リストラに着手 — アジア地区の施設閉鎖、旧工場の操業停止など発表

エンタープライズ その他

 米Intel(インテル)は現地時間21日、製造工程の統合のためのリストラ計画を発表した。いくつかの工場が操業停止となり閉鎖されるとのこと。

 今回のリストラ計画について同社は、最先端の45ナノメートルと32ナノメートルの生産力に影響のない、古い施設を統廃合し、より効率を図るためだとしている。フィリピンのキャビテ地区、マレーシアのベナンにあるアセンブリテスト施設を閉鎖。オレゴン州ヒルズボロにある200mmのウェハー組立て施設での生産を停止する。さらにカリフォルニア州サンタクララにあるD2施設でのウェハー生産事業も終了させる。

 これらのアクションにより、世界的に5,000人〜6,000人の従業員に影響すると見られている。ただしすべての従業員が退職するわけでなく、いくつかの他工場などで再雇用される見込み。この再統合計画は、即時開始され、2009年の終わりまでに完了となる予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top