iPod touch/nano/miniの音楽を再生できるHi-Fiサウンドシステム——ロジテックとティアックの共同企画 | RBB TODAY

iPod touch/nano/miniの音楽を再生できるHi-Fiサウンドシステム——ロジテックとティアックの共同企画

 ロジテックは6日、ティアックと共同で企画したiPod Dock対応のHi-Fiサウンドシステム「LDS-Ri710シリーズ」を発表。8月下旬より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は19,800円。

IT・デジタル その他
LDS-Ri710SV
  • LDS-Ri710SV
  • LDS-Ri710BK
  • DockにセットすることでiPodへの充電はもちろん、iPod自体の操作を付属のリモコン(写真)で行える。
 ロジテックは6日、ティアックと共同で企画したiPod Dock対応のHi-Fiサウンドシステム「LDS-Ri710シリーズ」を発表。8月下旬より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は19,800円。

 同製品は、iPodをDockシステムにセットすることで、ステレオスピーカーから音楽を再生することができるHi-Fiサウンドシステム。2006年9月発売の「LDS-Ri700シリーズ」の後継機で、対応iPodがiPod touch/classic、第5/4世代iPod、第3/2/1世代iPod nano、iPod miniなどに拡大。また、ビデオ出力端子を搭載し、iPod with videoの映像データをテレビなどで楽しむこともできる。

 音質面では、低域から高域まで広いレンジで再生できるフルレンジユニットのスピーカーを採用。ティアック独自の低域増幅回路「DBSS」を搭載するほか、エンクロージャーもティアック開発陣が設計し、低音を豊かに再現するという。

 そのほかには、FM/AMチューナーを搭載し、ディスプレイには「時刻表示機能」付きの大型LCDを採用。LCDの明るさを3段階に変更できる「調光(ディマー)機能」を備えるほか、2つの設定した時間に電源が入り音楽の再生が始まる「デュアルアラーム機能」、目覚ましアラームとして使う際に二度寝防止で役立つ「スヌーズ機能」などを装備している。

 おもな仕様について、アンプ部は、実用最大出力4.6W×2、S/N比は80dB(IHF-A)、再生周波数帯域は80Hz〜20kHz。スピーカー部は65mm防磁型スピーカー×2、インピーダンスは4Ωでスピーカー方式はバスレフ。

 AUX(外部入力)端子を装備しており、iPodのほかさまざまなポータブルオーディオ機器にも対応する。本体カラーは、シルバー(LDS-Ri710SV)/ブラック(LDS-Ri710BK)の2色を用意。本体サイズは幅320×高さ179×奥行き171mm、重さは2.2kg。付属品は、ACアダプタ/リモコン/自立式AMアンテナ/オーディオケーブルなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top