【台湾Valueを探る!〜COMPUTEX TAIPEI 2008〜】台湾エイサー、水冷システム採用のハイエンドゲームPCをデモ | RBB TODAY

【台湾Valueを探る!〜COMPUTEX TAIPEI 2008〜】台湾エイサー、水冷システム採用のハイエンドゲームPCをデモ

 台湾エイサーは、会場ブース正面で5月に発表したゲーマー向けPC「Aspire PREDATOR」をデモしていた。

IT・デジタル ノートPC
ブース正面でデモされていた「Aspire PREDATOR」
  • ブース正面でデモされていた「Aspire PREDATOR」
  • ブース正面でデモされていた「Aspire PREDATOR」
  • フェイスカバーをスライド
  • フェイスカバーをスライド
  • 「G24」
  • 「G24」
 台湾エイサーは、会場ブース正面で5月に発表したゲーマー向けPC「Aspire PREDATOR」をデモしていた。オレンジ色の筐体は、そのカラーもさることながら、まるで鎧をつけたような強烈な印象。高スペックを要求するゲーマー向けにデザインされた同PCのまわりには興味深げに見物する人が大勢みられた。

 主なスペックは、CPUにCore 2 Extreme Quad-core(FSB1333MHz)採用し、チップセットはNVIDIA nForce 780i SLI MCPで3way-SLIに対応。オーバークロックツールの「nTune」も搭載するなどハイエンド志向となっている。また、ゲーム中にパフォーマンスを維持するため、水冷システムを採用しているのも特徴だ。

 フェイスカバーは上にスライドするようにオープンし、底部に4本のHDDが現れる。HDDはSerial ATAで、ホットスワップに対応し、RAID 0/1/5/1+0をサポートしているという。上部には光学ドライブが2つ搭載されていた(スペック上はDVDとBru-rayだが、デモマシンにはDVDが2台)。この他、Dual LAN(Gigabit Ethernet)、EAX 4.0やDolby Home Theaterに対応するなど贅沢なスペックとなっている。また、暗いところでゲームをプレイすることができるように光るマルチメディアゲームキーボード(Logitech G11 Gaming Keyboard)やゲームマウス(G5)がオプションとして用意されている。

 デモマシンのコーナーには同じカラーのワイド液晶ディスプレイ「G24」が使われていた。解像度は1920×1200、応答速度は2msで、同製品はコントラスト比50000:1をうたっている。HDMI端子とDVI端子を搭載している。
《RBB TODAY》

特集

page top