【台湾Valueを探る!〜COMPUTEX TAIPEI 2008〜】ライバルは携帯電話かも知れない?——台湾エイサー・Jim Wong氏 | RBB TODAY

【台湾Valueを探る!〜COMPUTEX TAIPEI 2008〜】ライバルは携帯電話かも知れない?——台湾エイサー・Jim Wong氏

IT・デジタル ノートPC

Sr.Cprp.VP. & President of IT Products Global OperationのJim Wong氏
  • Sr.Cprp.VP. & President of IT Products Global OperationのJim Wong氏
 台湾エイサーは3日(現地時間)、台北市内のホテルで新製品「Aspire one」を発表した。壇上には、キーマンがズラリと並んだが、そのうちの一人、Sr.Cprp.VP. & President of IT Products Global OperationのJim Wong氏にインタビューする機会を得た。発表記者会見後、今回の製品とコンセプトなどを直撃した。

——今年、いわゆる“UMPC”と呼ばれるデバイスを各メーカーが出してくると思われます。「Aspire one」と他社製品との違い、優れている点はどこですか?

まず、われわれは「Aspire one」を“UMPC”とは呼んでおりません。UMPCは、マイクロソフトによって2年前に作られた言葉です。UMPCはPCを小さくしたものにすぎません。

——では……

“モバイルインターネットデバイス”と呼んでます。我々がこの製品を作ったのは、世界中に大勢のインターネットユーザーが存在するにもかかわらず、モバイルインターネット利用に応えられる便利なポータブルデバイスがなかったからです。(この製品の登場で)モバイルユーザーにとっては、これからは大きなチャンスをつかむことになると思いますよ。23年前を考えてみてください。人々はオフィスで固定電話を使っていました。今となっては、携帯電話なしで生活できる人はいないでしょう。同じことがPCでも起きるのです。いつ何時でも、デバイスを使ってインターネットにアクセスできるようになるのです。エイサーが、モバイルインターネットデバイスと製品を呼ぶのは、ここのスタンスの違いでしょう。

——何故、これまでこのようなデバイスが登場しなかったんでしょうか?CPUに原因があったのでしょうか?

CPUは違う次元の問題です。むしろ、それはPCブレーン(メーカー)によるものでしょう。このような製品が登場してきたのは、マーケットオリエンテッドにエンドユーザの調査してきました結果です。ここにきて、人々は携帯電話と同じように、PCにもモバイルインターネットデバイスを必要とするようになったといえます。

——WiMAXについてはどうですか?

WiMAXは、我々のオプションのひとつです。我々は2つのコミュニケーションモジュールを内部にもっています。ひとつはWiFiで、もうひとつはWIMAXと3Gです。WiMAXと3Gはその国によって異なります。あるマーケットは3Gがポピュラーで、あるマーケットはWiMAXが一般的です。地域の要求によるわけです

——日本ではいつごろ登場するのでしょうか?

日本市場に製品を投入するのは秋くらいになるでしょう。

——アジア・パシフィック地域における日本市場をどのようにお考えですか?

アジアのなかでも日本はモバイルサービスをもっとも享受している国のひとつであると思いますよ。情報にアクセスするために携帯電話を頻繁に使ってますし、日本のユーザーは特殊な習慣を持っていると思います。つまり、モバイルで情報にアクセスすることが習慣化されていますね。

——では、ひょっとするとライバルはPCメーカの製品ではなく携帯電話かもしれない?(笑)

そうかもしれないですね(笑)
《小板謙次》

特集

page top