非接触IC電子マネー「iD」を海外で〜6月下旬よりグアム・中国で利用可能に | RBB TODAY

非接触IC電子マネー「iD」を海外で〜6月下旬よりグアム・中国で利用可能に

ブロードバンド その他

グアムにおける「iD」利用例
  • グアムにおける「iD」利用例
 NTTドコモは26日、後払い電子マネー「iD(アイディ)」の海外利用対応を発表した。

 6月下旬よりグアム、7月以降より中国(北京、上海)での利用が可能となる。日本人観光客が多く訪れるタモンや空港を中心に、免税店や飲食店などで展開し、その場で日本円での決済額(請求額)を確認することができるほか、国際ローミング(3G+GSM)対応のおサイフケータイでは、1台で海外での通話・通信とショッピングの決済が可能となる。

 グアムではリーダ/ライタおよびレシート上に現地通貨および日本円で決済金額が表示されるが、中国ではレシート上のみの表示となる。またグアムでは、おサイフケータイをリーダ/ライタにかざすだけでクーポンなどを取り込めるサービス「トルカ」も利用可能となる。またNTTでは、7月18日〜9月30日の期間、海外で「iD」を利用したユーザ向けにキャンペーンを実施する予定だ。

 なお「iD」は2008年4月末現在で、会員数が約708万契約、決済端末台数が約32万台、参画カード会社数が62社となっている。日本の非接触IC電子マネーならびにおサイフケータイサービスが海外で利用可能となるのは、今回が初とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top