教育業界初のFD対応、授業振り返り支援ツール「Power Feedback NOTE」発売開始 | RBB TODAY

教育業界初のFD対応、授業振り返り支援ツール「Power Feedback NOTE」発売開始

 内田洋行は、東北大学 大学院 教育情報学研究部の中島平准教授およびフォトロンと共同で、授業のフィードバックが行える支援ツール「Power Feedback NOTE」(PF-NOTE)を開発、6月1日より販売を開始する。

ブロードバンド その他
 内田洋行は、東北大学 大学院 教育情報学研究部の中島平准教授およびフォトロンと共同で、授業のフィードバックが行える支援ツール「Power Feedback NOTE」(PF-NOTE)を開発、6月1日より販売を開始する。

 PF-NOTEは、ワンタッチで授業を録画できるほか、学生の反応をその場で収集し、さらに学生の反応を分析・評価できるシステム。授業内の「学習コミュニケーション促進」と「振り返り」の“可視化”支援ツールとして、この4月から義務化された「ファカルティー・ディベロップメント」(faculty development=FD、授業の内容や方法の改善を図るための組織的な研修や研究)に対応する。教員の負担を軽減しつつ授業内のコミュニケーションを活性化し、効果的・効率的に学生・教員の授業振り返りができる業界で初めてのシステムとのこと。

 全世界で今年800万個の購買が見込まれている学生の主体性を引き出すツール「クリッカー」を使用することで、大人数の授業での学習コミュニケーションの活性化や、学生間の情報共有を促進することができるという。

 参考定価は50台無線版で税込510万円から(システム調整費、設定費用別)。初年度は50システムの販売を目標とする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top