Zenlok、暗号化Eメールをワンクリックで送受信できる無料サービスを開始〜顧問はケビン・ミトニック氏 | RBB TODAY

Zenlok、暗号化Eメールをワンクリックで送受信できる無料サービスを開始〜顧問はケビン・ミトニック氏

 Zenlokは16日より、極めて簡単に安全な暗号化メールを実現する「Zenlok Eメール暗号化サービス」の無料提供を開始した。

エンタープライズ その他
 Zenlokは16日より、極めて簡単に安全な暗号化メールを実現する「Zenlok Eメール暗号化サービス」の無料提供を開始した。

 「Zenlok Eメール暗号化サービス」は、「無料、簡単、安全」をキーワードにしており、ユーザが現在使用しているメールクライアントにZenlokソフトウェアをダウンロード&インストールするだけで、暗号化されたEメールをワンクリックで送受信することができるもの。Zenlokソフトウェアが、世界各地に配備されたZenlokキーサーバと自動交信することで、Eメールの暗号化と復号化をシームレスに実現するという仕組みだ。ZenlokはオープンスタンダードであるS/MIME、OpenSSLに基づいて開発されており、一般的に用いられるzip/password方式より信頼性の高いセキュリティとなったいる。すべてのメッセージを自動で暗号化可能で、プライベートキー(鍵)のやり取りはバックグラウンドで自動的に行われるほか、Zenlokユーザ以外にもZenlokメールを送信可能となっている。ASPメールにも、スタンドアロンのZenlokソフトウェア(開発中)を使用することにより対応する予定だ。

 現在、Microsoft Office Outlook 2003 / 2007(対応OS: Microsoft Windows XP / Vista)およびMozilla Thunderbird(対応OS: Microsoft Windows、Linux、MacOS)に対応している。今後1か月をメドにMicrosoft OutlookExpress、Microsoft Windows Live Mail、Becky!、Apple Mailなどの主なメールクライアント、ならびにGmail、Hotmail、YahooMailなど主なWebメールにも対応する計画だ。

 今後Zenlokは、1年以内に100万人の個人ユーザの獲得を目指し、続いて2009年には企業向けのEメール暗号化ソリューションを提供して、最終的には世界の全Eメールユーザに普及させることを計画中とのこと。

 Zenlokは、2007年7月に発足した日本発のベンチャー企業。顧問には、世界的に著名なネットセキュリティコンサルタントであり、元ハッカーとしても知られるケビン・ミトニック氏が就任している。現在、FBI(米国連邦捜査局)やFAA(米国連邦航空局)のトレーナも務めており、「シンプルであることがZenlokの最大の強み」と同氏は語っている。

 なお同氏は、本日16日に東京ビッグサイトで開催されている「セキュリティEXPO」のZenlokブースで、講演やクラッキング(と対策)の実演をしているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top