キヤノン、コンパクトなA4対応カラーレーザープリンタなど4モデル | RBB TODAY

キヤノン、コンパクトなA4対応カラーレーザープリンタなど4モデル

IT・デジタル ノートPC

キヤノンのレーザープリンタのラインアップ
  • キヤノンのレーザープリンタのラインアップ
 キヤノンは15日、A4対応のカラーレーザープリンタ「LBP5050/5050N」と、A3/A4対応モノクロレーザープリンタ「LBP3980/3100」の計4モデルを発表。5月22日より順次発売する。

 LBP5050/5050Nは、LBP5000の後継モデルで、さらなるコンパクト化を追求したA4対応のカラーレーザープリンタ。新開発の小型エンジンを搭載することで、高さ262mmというコンパクトボディと、A4タテでカラー毎分8枚、モノクロ毎分12枚の出力スピードを実現している。LBP5050Nは、ネットワークボードを標準で装備しているため、共有プリンターとして利用も可能。5月22日発売。価格は64,800円、79,800円。

 LBP3980は、A3対応のモノクロレーザープリンタ「LBP3970」の後継モデルで、毎分35枚(A4ヨコ)の高速出力が可能。100mmから297mmまでの用紙に対応するペーパーフィーダー(オプション)を利用して、帳票など幅の狭い不定形用紙に印刷できる。また、ペーパーフィーダー(オプション)は3段まで増設可能で、最大1,850枚の大量印刷に対応。6月上旬発売。価格は148,000円。

 LBP3100は、小型化と高速化を追求したA4対応のモノクロレーザープリンタ。新開発の小型エンジンの搭載により、毎分16枚の出力スピードを達成しながらコンパクトなボディを実現する。8月発売。価格はオープン。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top