日立、PC連携・W-VPN連携機能を搭載した中小規模事業所向けテレフォニーシステム | RBB TODAY

日立、PC連携・W-VPN連携機能を搭載した中小規模事業所向けテレフォニーシステム

 日立コミュニケーションテクノロジーは8日、同社の「ビジネスクラスVoIPソリューションパッケージVoxIP」の中小規模事業所向けテレフォニーシステムとして、IP-PBX「NETTOWER MX900IP」を発売した。

エンタープライズ その他
【左】日立IP-PBX「NETTOWER MX900IP」 【中】W-VPN対応ラインキー付き卓上PHS「PHS-30DA」 【右】無線LANアクセスポイント「NR1000シリーズ」
  • 【左】日立IP-PBX「NETTOWER MX900IP」 【中】W-VPN対応ラインキー付き卓上PHS「PHS-30DA」 【右】無線LANアクセスポイント「NR1000シリーズ」
 日立コミュニケーションテクノロジーは8日、同社の「ビジネスクラスVoIPソリューションパッケージVoxIP」の中小規模事業所向けテレフォニーシステムとして、IP-PBX「NETTOWER MX900IP」を発売した。価格は、アナログ局線10回線、INS64局線2回線、アナログ内線4台、多機能電話機20台、PHS接続装置6台、PHS端末20台の構成で315万円から。出荷は5月20日より開始される(PHS-30DAのみ7月20日より出荷開始)。

 NETTOWER MX900IPは、2005年9月に発売されたNETTOWER MX300IPの後継モデルで、電話端末とソフトフォンを連携して利用できる「PC連携」機能の追加や「ひかり電話オフィスタイプ」をアダプタなしで接続できるインターフェイスを内蔵したもの。上位機種となる「CX9000IP」や「IPTOWER-SP」とのネットワーク接続にくわえ、多機能電話機や構内PHS用アンテナなどの共用が可能だ。また、端末としてウィルコムのW-VPNに対応したラインキー付き卓上PHS「PHS-30DA」、および無線IP電話システム向け無線LANアクセスポイント「NR1000シリーズ」も同時に発売される。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top