ウィルコムと中国網通、「W-SIM」の海外用新インターフェイスを共同開発〜中国版「W-SIM」を近日販売 | RBB TODAY

ウィルコムと中国網通、「W-SIM」の海外用新インターフェイスを共同開発〜中国版「W-SIM」を近日販売

ブロードバンド その他

中国版「W-SIM」の試作機
  • 中国版「W-SIM」の試作機
 ウィルコムは26日、中国網絡通信集団公司の研究組織である中国網通集団ブロードバンド応用国家工程実験室有限公司(中国網通)と共同で、あらたに「W-SIM」の海外用インターフェイスを開発したことを発表した。これにより中国網通は、2008年4月以降順次、中国版「W-SIM」を中国内で販売開始するとのこと。

 中国版「W-SIM」の試作機は幅約25.6×厚さ4.0×高さ42.0mm、約10g。内蔵アンテナにより、音声通話およびデータ通信が可能となっている(4xパケット方式に対応)

 ウィルコムは、2007年11月に中国網通とPHS事業に関する包括的な提携契約を締結しており、一方、中国網通は、PHS事業拡大のための戦略的なツールとして中国版「W-SIM」を採用することで、パケット通信などPHSサービスの高度化を実現すると思われる。ウィルコムは、将来的には日本国内向けの端末ラインアップの強化、また「W-SIM」対応ジャケットのコスト低廉化が狙いとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top