加IMAX、米TIのDLP Cinemaプロジェクタを採用しフルデジタル化へ | RBB TODAY

加IMAX、米TIのDLP Cinemaプロジェクタを採用しフルデジタル化へ

ブロードバンド その他

DLPテクノロジーの主要部品であるDLPチップ
  • DLPテクノロジーの主要部品であるDLPチップ
 米Texas Instrumentsは11日(現地時間)、カナダIMAXがDLP Cinemaプロジェクタの採用を決定したと発表した。

 今回の決定より、DLP Cinemaプロジェクタは2008年中頃から順次全世界のIMAXデジタル・プロジェクション・システムに導入されることとなる。Texas InstrumentsのDLPテクノロジーは、フルデジタル映像技術の総称で、すべてのDLPチップの中核に敷き詰められた最大220万個の極小ミラーが超高速スイッチとして機能することで、高解像度・高信頼性を誇るフルカラー画像を作り出すというもの。

 IMAX共同会長兼共同CEOのリチャード・ゲルフォンド氏とブラッドリー・ウェックスラー氏は次のように述べている。「DLP Cinemaテクノロジーによって弊社のデジタル・プロジェクション・テクノロジーが聴衆に最高の映像体験をもたらすと確信しています。また競合するデジタルシネマ映写技術を比較・検討した結果、DLP CinemaこそがIMAX デジタル・プロジェクション・システムに最適であると判断しました」
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top