NTTアイティ、QRコードを応用したパスワード管理ツール「HaruPa」を販売 | RBB TODAY

NTTアイティ、QRコードを応用したパスワード管理ツール「HaruPa」を販売

エンタープライズ その他

HaruPaの利用イメージ
  • HaruPaの利用イメージ
 NTTアイティは12日、暗号化技術とQRコードを応用したパスワード管理ツール 「HaruPa(ハルパ)」の販売を開始した。

 「HaruPa」は、貼る(Haru)パスワード(Pa)の意。QRコードを印刷するパソコン用「HaruPa生成ソフト」と、印刷されたQRコードを読み取りパスワードを表示する携帯電話用「HaruPa読取ソフト」で構成される。QRコードは利用者ごとに異なる暗号鍵で暗号化され、HaruPa読取ソフトにも利用者ごとに異なる復号鍵を設定するため、通常のQRコードリーダはもちろん、他のHaruPa利用者も正しいパスワードを取得することはできないという仕組みになっている。

 インターネットサービスの利用などでは、膨大な数の個人認証パスワードが必要となってしまうが、「HaruPa」では、安全なパスワードを自動生成・暗号化しQRコードに変換することができる。印刷してパソコンなどに貼っておけば、パスワード入力が必要なときにこのQRコードを携帯電話で読み取るだけで、復号されたパスワードを取得できる。これにより、複雑で長大なパスワードでも簡単に使用することができる。また、パスワード更新は〔QRコード印刷〕→〔パスワード更新〕→〔貼り直し〕だけで完了し、携帯電話の設定なども切不要のため、共有利用の場合でもメンバーに変更後のパスワードを連絡する必要はなくなる。

 価格は、「HaruPa For オフィス」(企業向け)が1ライセンス税込20,790円。「HaruPa For リビング」(家庭向け)が1ライセンス税込3,654円。HaruPa For リビングは、HaruPa For オフィスと比較して、暗号鍵設定の自由度・読取ソフト同時利用数、読取ソフトの一部機能に制限がある。なお体験版が、製品サイトから無償ダウンロード可能となっている(生成ソフトの起動回数に制限あり)。

 携帯側の対応端末は、DoJa3.5プロファイルよるiαppliが利用可能で、QRコード読み取り可能なカメラを内蔵しているFOMA 90Xi、70Xiシリーズとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top