【1seg男が往く】ワンセグ受信紀行〜セントレア(名古屋〜大阪篇) | RBB TODAY

【1seg男が往く】ワンセグ受信紀行〜セントレア(名古屋〜大阪篇)

 RBB TODAYが展開する「日本全国 ワンセグ感度マップ」のデータ充実を目指し、編集部のある東京・西新宿から遠く離れた場所に受信調査に出かける本企画。初日の博多篇に続き、2日目は名古屋へと移動である。

エンタープライズ モバイルBIZ
朝食の最中もワンセグ受信を欠かさない
  • 朝食の最中もワンセグ受信を欠かさない
  • 全画面・字幕表示もお手の物
  • ミュンヘン空港内で醸造し、ルフトハンザ航空が直送してセントレアで飲める
  • くもくんの視線の先も気になる
  • 出発ロビー全域から見える
  • 空を楽しむ新しいルール
  • 一人ハグすると連鎖的にハグ
  • フリーハグな皆さん。ハグありがとう!
 RBB TODAYが展開する「日本全国 ワンセグ感度マップ」のデータ充実を目指し、編集部のある東京・西新宿から遠く離れた場所に受信調査に出かける本企画。初日の博多篇に続き、2日目は名古屋へと移動である。

 ホテルの朝食は朝がゆ。ワンセグでニュース番組と部屋に届いていた新聞。両方をチェックしながらいただく。荷造り、チェックアウトをしたらふたたび福岡空港へ。ホテルの部屋から福岡空港のANAラウンジまで、実質30分程度で到着してしまう。

 名古屋・中部国際空港は新しい空港ということもあり、駅ナカならぬ「港ナカ(こうなか?)」施設も充実している。ショッピングエリアも、横丁のような演出がされているなど単なる通過地点を超えた面白さが特色だ。温浴施設やミュンヘン空港直送ビールなども、非常に興味をそそる。さらに施設を散歩していると、セントレアのキャラクターが目に留まった。まあ、キャラの画のトーンはさておき、ネーミングに脱力。いぬくん、ねこちゃん、ひこーきくん、ジェットくん……まあ変に凝った名前よりもチビッコにはウケるのかな。空港ということで、待ち時間にニンテンドーDSで遊んでいる人をよく見かけたが、機内での無線通信機能はもちろんオフにしよう。そんな呼びかけ掲示が非常に目立った。

 名古屋駅前では、ネットでの呼びかけで集まったというFREE HUGS(フリーハグ)運動実施中のグループを発見。フリーハグは、昨年秋ごろからYouTube上でその動画が人気になり全世界的に緩やかなブームとなっている「街頭で、ただ抱き合うことで楽しさや安心を分け合う」というもの。しばらく見ていると、若い人に加え、意外にオジサンも数多く参加していて、オバサンたちが一番警戒しているようだった。

 夜はお待ちかねの手羽先。栄エリアに多数展開する「風来坊」さんにおじゃました。もしカウンターだったら撮影が恥ずかしいなと思っていたら、たまたま空席の都合でお座敷に通されたので、心おきなくワンセグ受信。メインは鶏メニューばかりなので、こちらも「手羽先、手羽元、ターザン(半身)、手羽ギョーザ」と対抗してみた。かなり香ばしく二度揚げされていて、ジューシーというよりスパイシーな鶏料理の数々を堪能。

 3日目は名古屋駅から近鉄特急で大阪へ。ワンセグ男ツアーは雨に非常に弱いので、快晴が続いてくれると非常に助かる。名古屋駅前のツインタワーをバックに撮影を終えると、近鉄名古屋駅へ。特急最前部のヘッドマークをバックに撮影しようかと移動したら発車時間となってしまい、運転席の真後ろに乗車して驚いた。運転室と客室を隔てる壁が総ガラス張りになっており、運転席が中央やや左側に配置。席を囲むように操作系統が並ぶという、アニメの宇宙船のようなデザインになっていた。これは鉄道ファンならずとも心躍る。

 大阪・鶴橋からは大阪環状線に乗り換えて大阪城公園へ。このへんは高校生時代を過ごした懐かしい場所ではあるが、部活のランニングが苦しかったことも同時に思い出す場所だ。大阪エリアの中心部で広大な公園ということもあってワンセグ受信状況はバツグンである。もう一つの大阪の名所といえば「京セラドーム大阪」にいってみる。実は実物を見るのは初めて。遠くから見ると、その柔らかい王冠のような形は非常に特徴的だが、近づけば意外に違和感がない。

 すっかり市民権を得た感のあるワンセグ。RBB TODAY「日本全国ワンセグ感度マップ」も着実にデータ収容数をのばし、まもなく2,000地点に達する見込みだ。ワンセグ機器をお持ちの皆さんはぜひ登録してみてほしい。
《》

関連ニュース

特集

page top