Ask.jp、動画をデコレートする「デコわく」をスタート〜ゆうこりん画伯のイラストも使えるぞ! | RBB TODAY

Ask.jp、動画をデコレートする「デコわく」をスタート〜ゆうこりん画伯のイラストも使えるぞ!

ブロードバンド その他

Ask.jpの動画デコレーション新サービス「デコわく」と新型動画広告ネットワーク事業「A.V.A.N.」(アヴァン)
  • Ask.jpの動画デコレーション新サービス「デコわく」と新型動画広告ネットワーク事業「A.V.A.N.」(アヴァン)
  • アスク ドット ジェーピー 代表取締役の大江知行氏
  • 小倉優子さん出演のCM動画も上映された
  • アスク ドット ジェーピー 事業戦略室の桐生学氏
  • 提携先関係者も全員集合しての記念撮影。左よりエクストーン代表取締役・桂信氏、アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー代表取締役・宮川洋氏、paperboy&co.代表取締役社長・家入一真氏、アスク ドット ジェーピー 事業戦略室・桐生学氏、アスク ドット ジェーピー 代表取締役・大江知行氏、ドリコム執行役員・長谷川敬起氏、オウケイウェイブ代表取締役社長・兼元謙任氏、ライブドア執行役員・小久保知洋氏
  • トークショーで今回の撮影の苦労などを語る小倉優子さん
  • 「ゆうこりんスペシャル」用に描き下ろした、くまのイラストを手にしながら説明する小倉優子さん
  • 左よりアスク ドット ジェーピー 事業戦略室・桐生学氏、小倉優子さん、アスク ドット ジェーピー 代表取締役・大江知行氏
 Ask.jpは22日より、動画に好きなデコレーション“枠”を選んで画像を投稿できる新サービス「デコわく」を開始する。また、同サービスを中心にした新型動画広告ネットワーク事業「A.V.A.N.」(アヴァン)も同時に発表、同日に記者説明会を行った。

 アスク ドット ジェーピー 代表取締役の大江知行氏は、「今後もムーブメントにチャレンジしたい」として、同社の全体戦略である「Search & CGM」を掲げながら、「動画&動画広告配信No.1企業を目指す」として“動画カンパニー宣言”を行った。今回スタートする新サービス「デコわく」および広告事業「A.V.A.N.」が具体的な施策となる。

 新サービスの「デコわく」は、動画に好きなデコレーション“枠”を選んで画像を投稿できるサービスで、動画を掲載するサイトやブログのデザインに合わせて、さまざまなデコレーションを採り入れることができる。メインターゲットには、携帯動画などの利用も見込んで20〜30代の女性を中心に想定。“デコ”の名称のイメージどおりに、可愛い系・キラキラ系のデザインが多いものとなっている。

 Ask.jpが運営する「Askビデオ」「MOVIE CASTER」に加え、提携パートナーのサイトであれば、動画を投稿する際に好きなデコわくが選択可能となる。提携パートナー各社には動画投稿APIを提供し、各社サイトでデコわくが利用できるようになっている。

 このようにAsk.jpが中心となって、動画広告ネットワークを構築する新事業が「A.V.A.N.」(Ask.jp Video Ad Network)だ。“ユーザの投稿モチベーションをあげつつ、動画をジャマせずに広告を表示するシステム”、“月間1000万人にリーチする、国内最大規模の動画広告ネットワーク”として、11月初旬よりスタートする。「A.V.A.N.」の広告サービスとしては、Ask.jpオリジナルデコわくを利用する「デコわくLite」とスポンサー企業オリジナルのデコわくを利用できる「デコわくPremium」の2モデルが用意されている。月間1億回の再生を予想とのこと。将来的にはデコわく以外の配信モデルの提供も検討中だ。

 22日の記者会見で発表された提携パートナーは、ライブドア(livedoor blog)、オウケイウェイブ(OKWave)、ドリコム、paperboy&co.(JUGEM)、アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー(RBB TODAY)、エクストーン(trunc)の6社。そのほか参画パートナーも現在交渉中とのことで、今後も増加することが予想される。

 「動画をビジネス化できていなかった。ブログ会員数の優位性を活かしたい」(ライブドア執行役員・小久保知洋氏)、「文字では回答できない質問がOKWaveにも増えているので、より動画を活用できることに可能性を感じる」(オウケイウェイブ代表取締役社長・兼元謙任氏)、「当社はCGMを企業に提供しているが、コンテンツ力の強化がメリットになると判断した」(ドリコム執行役員・長谷川敬起氏)、「ケータイ、プリクラ好きの多いJUGEMユーザに受けるのでは」(paperboy&co.代表取締役社長・家入一真氏)、「テキスト+写真でニュースを配信してきたが、今回の提携で、動画ニュース配信にも前向きに取り組みたい」(アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー代表取締役・宮川洋氏)、「truncでも動画を使えるサービスを展開していきたい」(エクストーン代表取締役・桂信氏)と各社それぞれに期待を表明した。

 そして記者会見には、“ゆうこりん”ことタレントの小倉優子さんも登場した。同日公開されたデコわくの使い方やデコわくのデザインを紹介するサイト「decowaku.jp」は、イメージキャラクターに小倉優子さんを採用。ゆうこりんの映っているデコわく、さらに本人自身がデザインしたというオリジナルデコわく「ゆうこりんスペシャル」を使って、デコわくを紹介する動画が期間限定で公開されている。

 トークショーでは「いままであまりネットの動画とかは見たことがなかったけど、今回のお仕事を通じて興味が湧いた。どんどん見てみたい」とのこと。「ゆうこりんスペシャル」用に描き下ろした、くまのイラストを手にしながら、動画撮影やデザイン作成のエピソードを語ってくれた。「いろんな衣装を着れて楽しかった」「うさぎとくまとねこの、どれにするか迷ったけど、くまの可愛いところが気にいったので、くまにした」「(来月11月1日に誕生日を迎えるが)歳をとるのはイヤですね〜」など、ゆうこりんらしいトークの最後は「ぜひ“デコりんこ”してください♪」と発表を締めくくった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top