ソニー、オーディオプレーヤーに新たな提案——タマゴ型プレーヤー「Rolly(ローリー)」デビュー | RBB TODAY

ソニー、オーディオプレーヤーに新たな提案——タマゴ型プレーヤー「Rolly(ローリー)」デビュー

IT・デジタル その他

Rolly
  • Rolly
 ソニーは10日、水平対向配置型スピーカーを搭載するフラッシュメモリ内蔵の小型オーディオプレーヤー「Rolly(ローリー)」を発表。型番は「SEP-10BT」で、9月29日発売。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品は、「音楽を仲間と共有する」「音楽を体感する」といったコンセプトのもとに誕生した新製品で、新しい音楽の楽しみ方を演出する「サウンドエンターテインメントプレーヤー」として展開していく。手のひらサイズの楕円形の本体に、ステレオスピーカー、フラッシュメモリ、バッテリーを内蔵している。

 スピーカーは、180度水平対向配置ステレオスピーカーを採用。音の指向性が少なく、どの位置からでも良い音を楽しめるという。また、バッフル効果を活用し、音を机や床などに反射させて本体上部に立体的な音像を作りだすことを可能としている。デジタルアンプを搭載するほか、スピーカーにはネオジウムマグネットを採用し、音質の向上を実現している。

 本体には液晶ディスプレイを搭載せず、操作ボタンも電源スイッチとプレイボタンのみの仕様。センサーを搭載した本体を動かしたり、本体のホイールを回転させることによって、曲送りや音量調整を行う。また、アーム×2、ショルダー×2、ホイール×2の6つの可動部とLEDにより、音楽に合わせた動きを表現するモーション機能を搭載。音楽再生中に、本体がダンスをしているような動きを見せる。

 そのほか、Bluetooth機能を採用し、PCや携帯電話などのBluetooth搭載機器に収録されている楽曲を再生することができる。音楽ファイルはMP3/ATRAC/AACに対応。内蔵メモリは1GB。バッテリーはリチウムイオンバッテリーで、約5時間の音楽再生が可能。スピーカーは直径20mmで、最大出力は1.2W×2。周波数帯域は20〜20,000Hz。インターフェースはUSBに対応。本体サイズは幅104×高さ65×奥行き65mmで、重さは300g。
《》

関連ニュース

特集

page top