東芝、超短焦点レンズ搭載のデータプロジェクター——投写距離1.2mで100型画面 | RBB TODAY

東芝、超短焦点レンズ搭載のデータプロジェクター——投写距離1.2mで100型画面

IT・デジタル ノートPC

TDP-EW25
  • TDP-EW25
  • TDP-EX20
 東芝は、超短焦点レンズ搭載のデータプロジェクター「TDP-EW25」「TDP-EX20」の2モデルを発表。EW25が10月25日、EX20が9月20日発売。価格はそれぞれ449,400円、386,400円。

 EW25とEX20は、短い投写距離で大画面表示が可能な超短焦点レンズを搭載するデータプロジェクター。EW25は投射距離1.2m、EX20は1.5mからそれぞれ100型画面を表示できる。

 煩雑なネットワーク設定なしでPCから操作ができるWindows Vista搭載「ネットワークプロジェクター」機能に対応。EW25は投写解像度1,280×800ピクセル(WXGA)として、業界で初めて同機能の対応モデルとなる。
 
 また、2モデルとも、テキサス・インスツルメンツ社の映像新技術「Brilliant Color」と同社独自の色補正技術「Natural Color Enhancer4」を搭載したことで、パソコンやDVDなどから出力データの明るさや色の鮮やかさを保ちながら、忠実な色合いを再現する。さらに、ランプの冷却を待たずに、使用後すぐに電源プラグを抜くことができる。

 2モデルの仕様は以下の通り。

●EW25
 表示方式:DLP方式
 総画素数:102万画素
 投写解像度:1,280×800(WXGA)
 表示色数:1,677万画素
 輝度:2,600ルーメン
 画面サイズ:41〜120型
 コントラスト比:2,000:1
 入力端子:ミニD-sub15ピン/S映像/コンポジット/USB/LAN端子など
 出力端子:ミニD-sub15ピン/ステレオミニジャック
 本体サイズ:幅338×高さ132×奥行き267mm
 重さ:4.2kg
 
●EX20
 表示方式:DLP方式
 総画素数:78万画素
 投写解像度:1,024×768(XGA)
 表示色数:1,677万画素
 輝度:2,300ルーメン
 画面サイズ:35〜100型
 コントラスト比:2,000:1
 入力端子:ミニD-sub15ピン/S映像/コンポジット/USB/LAN端子など
 出力端子:ミニD-sub15ピン/ステレオミニジャック
 本体サイズ:幅338×高さ132×奥行き267mm
 重さ:4.2kg
《》

関連ニュース

特集

page top